自給自足と言っても限界ありますよね。


お茶などは、ペットボトルを買うより、お湯を沸かして作るほうが経済的。

でもこれは、自給自足とは言わないですよね。

私は以前家庭菜園をやっていました。

自給自足を調べると、自分で畑や田を耕し穀物や野菜、果物を育てることや、衣料や住居を自分で作り生活する事。

庭があり畑があれば、前家庭菜園での節約効果もあると思うのですが、庭がないのでバルコニー(屋上も)。

これだと、水道代や手間を考えると節約にならないですね。

家庭菜園をやっていたのは娘が低学年の時で、トマト、キューリ、じゃがいも、枝豆などです。

土も買わなくてはいけなく、真夏は水やりも大変、アブラ虫がついたりと手間もかかり、収穫も少なめな。

今は手間の掛からない、細ネギとアスパラと苺だけ。


アスパラは植えておくだけ、毎年春に収穫できます。

究極の節約は自給自足1 

細ネギは、根のついたものを買ってきて植えただけで、手間もかからず、1年中食べられます。

そばの薬味としていつでもあるので便利です。

苺は毎年ライナーが出てきたものを植え替え。

手間もかからず、多くの収穫が見込めます。

究極の節約は自給自足2 

今はこの状態ですが、収穫はこんな感じ。

究極の節約は自給自足3 

すこし小ぶりで、見た目はイマイチなのですが。

究極の節約は自給自足4 

この量が毎日のように採れるのです。

土も再利用し、新規購入は肥料のみ。

これなら、お金もかからないので、節約 自給自足になりますね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村



関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ