贅沢な暮らより、もしものことを考え貯蓄をお薦め。

私の場合はリーマンショック前はどちらかと言うと裕福だったと思います。

毎年家族で海外旅行に行っていたし、車も2台ありました。

その当時はボーナスが年間6ヶ月でたのです。

夏と冬に給料の3倍のボーナスです。

その当時会社が危ないとの噂で、社員同士で話していたことは、もしボーナスが手取り100万円を切ったら生活できないなんて会話です。

ところが、100万円どころかそれが0になったのです。

それでも、節約というか贅沢をなくせば生活はできました。

海外旅行は当然行けなく、車も趣味のスポーツカーを売却。

これは普通の生活になっただけですね。

この時期に、もしものことを考え貯蓄をしていたら、今どんなに楽かと後悔しています。

その当時は給料が下がることはあり得ないと思っていましたから。

何のために節約するかの目標設定は重要です。

節約は、目標も無く苦労して行うことは不幸になるだけ。

私の場合は、また海外旅行に行けるようにと思うのですが、これは目標としては高すぎ。

以前は毎週1回は外食していました。

今は節約生活なので外食は3ヶ月に1度位です。

これが、電気代、ガス代、水道代を節約して仮に1万円節約できたら、半分の5,000円を外食費に。

5,000円では家族4人だと夕食は厳しく、昼食になりますが。

家族に節約を求めるなら、小さな目標を!

このような食事でもランチなら1,260円。

娘を連れて都内で食事、みんな頑張ってくれたからとなれば目標になるのです。

小さな目標ですが。
関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ