主婦はなんとでもなるのですが、旦那の場合は逃げ道ないのです。


節約生活を始め、他の方のブログを見る機会が増えました。

こちらを見てもらえば、他の方の頑張りや、どんな状況なのかが分かります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村




人気ブログランキング

殆どが、主婦の節約話です。

私は娘が私立高校に通い、リーマン・ショック後、今だ会社の業績が上がらずボーナスも出ない時があり、節約しないとやっていけないのでこのブログを始めました。

主婦と旦那の違いは大きいのです。


主婦がパートで稼いでいるのは、サブ収入。

また一人暮らしの方は自分の生活のみ。

ところが旦那の場合は、家族の生活がかかっているのです。

本気で困ったら、娘が通っている私立中学をやめさせ、公立に活かせるとか、家族にもつらい思いをさせるようになります。

なので、旦那が考えているのは自分の生活以上に、家族の生活なのです。

たまに例外の人もいますが。

私は会社の同僚が、過去数人死んでいます。


知り合いの自殺は、私が20代の頃、初めて起きました。

それは友人ではなく、その友達のお父さんです。

自営で工場をやっていたのですが、その工場で首吊り。

まるでドラマのような話です。

同僚の自殺は私が30代の頃。
業績が思わしくなく、人事で他の部署に移動させられたのです。

花型営業チームから、庶務みたいな感じ。

その時相当落ち込んでいたのですが、年収が下がるとか住宅ローンがとか考えたらしく、今自分が死んだら住宅ローンはなくなり、保険金も降りるのでと首吊り。

これ以外にも、親しい人以外を含めると、同じ会社の方がまだ数人自ら命を絶っています。

私は現状ギリギリセーフ。

以前は年間6ヶ月のボーナスがでていましたが、リーショックで一時0に。

住宅ローンもボーナスの支払いが大きく、その時は凄く悩みました。

死のうと思うまでは行きませんでしたが、死んだら家族は安泰なのかの計算はしました。

TVドラマでもあるように、旦那の場合は生活苦の最終手段はこうなってしまうのです。

会社の同僚が死んでしまった時はショックが大きかったです。

その家に先行をといったのですが、帰ってくださいとドアも開けてもらえませんでした。

大変な時は一緒に頑張らないと。

みなさんも、旦那さんも考えているでしょうから、追い詰めなでくださいね。
関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ