昨日、前歯を抜いてきました。


抜いたと言っても差し歯だった歯なので、正確には歯の根を抜いたのです。

歯の根なので、歯茎を切るなどの治療になるかと思い会社を休んでいきました。

これがあと3が月も続くなんて、予想以上に辛いです。

麻酔を射ち抜歯が始まりましたが、これは簡単に済みました。

歯を抜いたままにすると歯茎が収縮して見た目的な問題が生じるので、人口の骨なる物を埋め込み作業は終了。

これが落ち着くまで仮歯です。

歯の根が無い場所への仮歯なので、左右の歯の裏側で支える状態。

粘り気のあるものを食べて、歯の裏側にべっとりとついてしまった様な状況。

食事をしても違和感があります。

次回の治療は1ヵ月後。

歯茎の状況を見て、仮歯の修正を行うとの事です。

歯茎の状況が落ち着くのは3ヵ月後。

歯茎の再生が完全な状態になってから、接着ブリッジとなります。

現状の仮歯も接着ブリッジに近い状況なので、本番の接着ブリッジになったら違和感は無くなるのではと思います。

接着ブリッジは、隣の歯の裏側だけで行う歯を削らないブリッジ。

やり直しも容易で、強く噛まなけれな日常生活で問題ないとの事。

ですが、接着ブリッジは保険適用外で1本20万円と高額です。

通常なら考えてしまう金額ですが、インプラント80万円と言われていたので高額と感じない状況でした。

歯は見た目だけではなく物を食べる場合でも重要です。

保険でも治療は可能なのですが、保険で出来る治療は見た目だけではなく、違和感の問題が大きいです。

35年前、折れてしまった前歯を治療した時の問題もあるのではと思います。

歯の問題は大きいので、歯医者選びは重要だと思います。

ハピタスは、目指せ500万人!3月ハピタス紹介キャンペーンを開催!
ハピタス経由での買い物なら、2重にポイントが貯まるので超お得です!!
目指せ500万人!3月ハピタス紹介キャンペーン

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援クリックしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 カテゴリ
 タグ