定年再雇用となってから1年以上たちます。


本気で節約しなければ家計が回らない計算だったのに、定年前(正社員時代)の繰り越し(年度末賞与)などがあり余裕でした。

もうすぐ年度末で、今まであてにしていた年度末賞与の支給が無くなります。
それ以前に、昨年末のボーナスも手取り約16万円とボーナスと言えない金額でした。

これは予想していた事なので、前年度の年度末賞与などを家計費に補填、この4月も預金を補填しなければならない状況です。

これで、定年再雇用初年度の計算外の収入がすべて消えてしまいます。

住民税も昨年6月から月2万円以上値上げされました。

マイナス続きの家計費、4月以降は恐怖です!

住民税は前年度の年収で決まり、6月の給与から天引きされる住民税額が変わるとの事。

なので、この分は減額されますがこの金額では追い付きません。

定年があと数年遅かったらと思いますが、逆に考えればギリギリ間になった感じです。

東京オリンピック需要などで会社の業績があらり、過去最高の年度末賞与支給。

私の場合は満額ではありませんが、正社員時代分4/3が支給されました。

景気が悪かった時に定年していたら、このようなお金はもらえないので。

この1年は執行猶予のような感じで、4月以降は本気で節約しなければと思っています。

それ以前に、定年再雇用となり収入が大幅に減るからとと絶えていた家族にも協力してもらわなければと思うのですが?

パート代を家計費に入れてほしいと言ったら、あんたが煙草とお酒をやめるのが先だと言い返してきました。

この状況なので、家計が破綻したら家を売って一人暮らしをするしかなさそうです。

そのような状況にならないと、現実が分からない妻なので。

ハピタスは、目指せ500万人!3月ハピタス紹介キャンペーンを開催!
ハピタス経由での買い物なら、2重にポイントが貯まるので超お得です!!
目指せ500万人!3月ハピタス紹介キャンペーン

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援クリックしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 カテゴリ