会社でコンプライアンスに違反する請求が発覚、外部の支払いにかかわる社員にアンケートが来ました。


嘘の回答があった場合は処分の対象になるとの事なので正直に書きました。

コンプライアンスに違反する請求の処理をしたことがあるか?
はい。

それはどのような状況なのか?
25年くらい前は当たり前のこととして行われていた。

その後の質問も昔は当たり前の事なので、この回答が現在の事なら処分されてしまい内容です。

私のような定年再雇用者にする質問ではないですよね。

昔は、請求書の内容を調べる部署もなくすべてがする―状態!

今までではなく、購買管理部門だ出来てからなど、期限を定めた質問にしてほしかったです。

書いていいのかと思う危ない話、でもこれが常識でした!

20年くらい前までは仕事を獲得するために、接待をするのは当たり前!

逆に、昔は仕事が欲しいからと接待されるのも当たり前の時代でした。

電車や飛行機の座席でタバコが吸える時代です。


優秀な社員は、クライアントの接待で自分のお金で行けるお店には連れて行くなと言っていました。

高額なお店に連れて行き、女の子と仲良くさせることが重要なのです。

そうなれば、仕事が来ない時に女の子から最近来てくれないと電話をさせることで新規業務の発注となり数百万円の利益です。

ありがとうございますと、またクライアントを高額なお店に連れて行くの繰り返しです。

この様な事が日常的に行われていました。

個人にお金を渡していたら当時でも問題と言うか犯罪ですが、キャバクラへの接待なら問題ない時代でした。

金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』が話題です。

これはマナーや、セクハラやパワハラ問題を当時と比べている内容。

これでも十便面白いのですが!

続編として、企業間の取引など会社のコンプライアンス問題となっている題材を取り上げたドラマを作ってほしいと思います。

こちらの方がより強烈な内容になると思うので。

ハピタスは、目指せ500万人!3月ハピタス紹介キャンペーンを開催!
ハピタス経由での買い物なら、2重にポイントが貯まるので超お得です!!
目指せ500万人!3月ハピタス紹介キャンペーン

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援クリックしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ