スマホや携帯は長く使うと損なのです。


先週買い物に行ったら、こんな看板が。

スマホ、家族4人で乗り換えなら46万円!どうなってるの?

家族4人での乗り換えなら46万円。

この時は時間がなかったので、詳しい話は聞けませんでしたが、気になるので来週詳細を聞きに行こうかと考えています。

家は長年ドコモでしたが、3年前にauへのキャリア移動。

その時は、私がiPhone5を使いたかったのと、ママさんもスマホデビューでiPhoneに。

ドコモ時代は私がギャラクシーSで、ママさんと娘二人とオババ(母)は携帯、毎月の使用料は約18,000円。

そのままママさんがスマホにすると2万円超えの料金に。

それがauへのキャリア移動なら、違約金負担の負担などで8万円の商品券がもらえ、しかも2年間スマホの基本使用料が無料だったので、毎月の使用料がスマホ2台と携帯3台でも約15,000円に下がったのです。

8万円の商品券をもらえても違約金の支払いなどで、浮いたのは約2万円。

その後また2年契約の終わりが近づき、計算すると毎月の使用料が5千円以上あがるのです。
2年間スマホの基本使用料無料が終わったり、他の割引も終了だったので。

さらに娘もスマホにしたいとのことで、またキャリア移動を検討。

キャリア移動でもらった12万円、実質は0でした。


昨年9月にauからSoftBankへキャリア移動しました。

今度は、私と娘二人がスマホ。

ママさんはiPhoneが使いにくかったようで、ガラケーに戻り、話し放題プランに変更。

オババ(母)はらくらくフォン。

スマホ3台はまたも2年間基本使用料無料、さらに端末一括0円での購入で毎月2,000円以上の割引も。

スマホ3台と、携帯(話し放題)プラスらくらくフォンでも、毎月の使用料は約15,000円に。

今度はiPhoneではなくAQUOSフォンに。

キャリア移動でもらった12万円は、2年縛り前なので違約金が約5万円。

ここで盲点だったのが、毎月の使用料も重複となりauとSoftBankへの支払いが発生。

auへは、2年縛り以外にも端末購入金の支払いもあります。

さらに、新規機種購入なので、ケースや液晶保護フィルターの購入などもあり、12万円もらえても実質は0でした。

国産Androidモデルを使ってみると、なんでiPhoneが人気なのか疑問。

AQUOS304SHは、防水でフル機能。

端末に留守番電話もありTVもフルセグで見れるのです。

おさいふ機能機能もあり、にかく使いやすいのです。

iPhoneではなくiPad miniも私は使っていますが、国産Androidに慣れてしまうと戻るボタンがないので使いづらく感じます。

このAQUOS304SHは一括0円。


実質0円は、毎月端末購入金額の支払いが発生し、その分の補填があるので実質0円。

一括0円は、購入時に端末代金を支払っていることになるので、毎月の端末購入金補填分が、使用料から割引になるので、スマホ3台(パケホーダイ)、携帯(話し放題)、らくらくフォンの5台で、毎月の使用料約15,000円です。

書いていてうまく説明できないのですが、この差は大きいです。

スマホや携帯は長く使うと損で、現状は2年ごとのキャリア移動がお得です。



 
関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ