50歳になってからでは遅いかも、早めの準備が人生を左右します。


毎日出勤時に会社で飲んでいる缶コーヒなどの節約で(1日2本計算)年間57,600円の節約が出来るのです。

日常の習慣を改めるだけで、年間12万円は節約可能です。

もしこれを40歳の時から始めていたら、年金生活まで25年。

57,600円×25年なので144万円になるのです。

僅か100円の節約が、定年後の人生を左右するのです。

今は、年金だけでは生活が苦しいのが現状。

定年を迎えた時に、144万円の余裕があれば大きく違うのです。

20代の頃の間に日の昼食代を節約していたら。


私が勤めだした頃は、毎日の楽しみは昼食。

会社の同僚と食べに行っていましたが、ランチで1,000円が平均でした。

食後にコーヒーなどが出ない場合はさらにカフェへ。

1日の昼食で1,000円~1,500円毎日使っていたのです。

結婚し子供が生まれてからもです。

子供が幼稚園に通うようになりお弁当が必要になってから、私の分も作ってもらうことに。

その後は昼食を食べに行くことはなくなり、弁当がないときもコンビニで購入。

コンビニ弁当でも1日500~700円食べに行くより節約できます。

約20年間で計算すると240万円です。

節約生活は、子供が生まれたタイミングでのスタートがベスト。


20代で、やっと働き出した頃から節約を考えをと言うのは無理。

20代は自由に遊んで楽しむ事。

ですが、結婚して子供だ生まれたら。

自分に何か合って、会社の業績が落ち込んで。

子供の将来を考え、節約生活をスタートするのがベストですね。


関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ