今や知らない人はいないくらい有名で、こに方が過去の概念を変えてしまいました。


これは、以前から気になっていたフリーイラストの件です。

私も記事にあう写真が無い時は、フリーのイラスト素材を利用しています。

フリーのイラスト素材で有名なのは「かわいいフリー素材集 いらすとや」。

イラストが無料で使用できる(規約あり)ので、多くの方が「かわいいフリー素材集 いらすとや」のイラストを利用しています。

かわいいフリー素材集 いらすとや

かわいいフリー素材集 いらすとや

東京都のコロナ対策のボードをはじめ、官公庁の資料などにも使われています。

この「かわいいフリー素材集 いらすとや」がスタートしたのは2012年1月31日。

節分用に公開した太い眉毛で笑うかわいい赤鬼のイラストを皮切りに、イラストレーターの「みふねたかし」さんが、地道に新規のイラストを公開。

季節やイベント、動物など多ジャンルにわたり、累計では2万5000点以上(2021年1月末まで)のイラストを無料で公開しています。

テレビの情報番組、雑誌や広告をはじめ、官公庁の資料、YouTube、TikTokなどの動画サイト、個人のブログを見ても多くの方が利用しています。

このイラストを見たことがいない人はいなと思うのですが、このイラストがイラストレーターの「みふねたかし」さんの作品であることを知っている人はいないと思います。

また、これだけ有名なイラストになっているのに作者の「みふねたかし」さんは積極的に表に出ることをせず、取材に関しても公式HPに「苦手なのでお断りをしております。本当に申し訳ありません」と書いています。

フリー素材なので、イラストを利用されても利益は発生しません。

それなのに何で?と思われるでしょうが、これはネットの時代なので、Webサイト上のバナーや広告などの収入でビジネスが成立しているとの事です。

私もそうですが、使えそうなイラストはないかと「かわいいフリー素材集 いらすとや」にアクセスする方が多いいのでそれがビジネスになっているとの事です。

フリーイラストを探したいとユーザーをサイトに足を運ばせ、サイト自体の価値を上げているのです。

現状はその知名度の高まりから、「ONE PIECE」や「呪術廻戦」など話題作ともコラボも。

また、「いらすとや」のLINEスタンプや、ぬいぐるみ、ゲームセンターの賞品や、Tシャツなどのコラボ商品などのグッズまで広がっているそうです。

これらの商用利用は、フリー素材の利用ではないので収益になっています。

従来のイラストレーターのビジネスモデルは、作品だけではなく作者の名前を売ることなども重要だったのですが、これは作者としての知名度より無料で開放することにより、多数のユーザーの使い勝手を優先した新たなビジネスモデルを構築。

イラストレーターの概念に革新をもたらしたと思います。

今はネットの時代なので、これは完全に勝ち組ですね。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ