コロナウイルス問題も収束し業務も回復、やっと元の生活に戻れたと思っていたら、最悪の通知が届いてしまいました。


これは、健康診断の結果です。

高血圧は薬の処方で問題ない数値になっています。

尿酸値も、週2日の禁酒で数値は正常値に。

今回は消化器系の事で要検査となってしまいました。

今回は消化器系の事で要検査となってしまいました。

下部内視鏡検査です。

15年位前に同様の事があり、下部内視鏡検査を受けたことがあります。

この時は問題なしでしたが、検査は辛いです。

その時は、先日から飲食を控え、当日の朝は2リットルの下剤を揉んでからの検査でした。

これをまたやるのかと思うと辛いです。

今は進んでおり、ホリープが発見された場合はその内視鏡で削除できるとの事。

ですが、削除を行った場合は数日間の禁酒となります。

病気になっても怖くないと思っていたのですが?

今年初めに、働きだした頃にお世話になった先輩というか師匠の様な方が無くなりました。

しばらく会っていなかったので、私が定年になったら連絡して会おうと思っていた方です。

私より10歳年上の方。

この方は、今年の1月に病気で入院。

その病院で新型コロナウイルスのクラスターが発生。

それで亡くなってしまいました。

その時期なので、亡くなったことの通知もなく家族葬です。

この事を聞いて、病気の怖さが分かりました。

さらに、この検査は昨年の健康診断でも引っかかっていたこと。

再診察が今年は要検査となってしまいました。

テレビドラマのラジエーションハウスを見ていたので、病気の検査が必要な事は分かりました。

なので年明けには、検査に行こうかと思います。

もし癌などの最悪な状況だった場合は、やはり治療は受けたくないと思っています。

やりたことを我慢しての延命治療は意味がないかと思うので。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ