2022年4月から適用される「在職定時改定」が話題になっています。


60歳から64歳までの働きながら年金を受給している方の支給停止額の改定で、28万円が支給停止となる基準が47万円へ引き上げられます。

年金が支給されるのは、基本的に65歳から。

これを繰り上げ受給した場合の改定で、65歳以降の方の在職老齢年金は現行のまま。

60歳からだと5年(60カ月)の繰り上げとなり、30%(0.5%×60カ月)減額される計算です。

2022年に年金制度が改定、60歳からの繰り上げ受給がお得?

60歳から繰り上げ受給した場合と、65歳から受給した場合の累計額が追いつくのは76歳8カ月、これより長生きすれば65歳開始のほうがお得になります。

この繰り上げの1カ月あたりの減額率も、2022年4月から0.5%から0.4%へ改正される予定で、その場合5年繰り上げ(24%減額)の累計額に65歳受給開始の累計額が追いつくのは80歳10カ月からとなっています。

76歳8カ月なら考えてしまいますが、80歳10カ月なら60歳からの繰り上げ受給の方がお得なのではと思えてしまいます。

80歳10カ月まで生きていられるとは思えないので。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ