これは、4回目の大腸内視鏡検査の話です。
健康診断に引っ掛かり、大腸内視鏡検査を受けたのは2年前。



ポリープが見つかり摘出し、検査をしたら癌でした。
その後、帝京大学病院に行き再検査を受け手術をするように言われましたが手術を拒否し様子を見ることに。

3か月後に、2回目の大腸内視鏡検査。

この時は、大きなポリープに隠れていて見落としたポリープが見つかり摘出、

その6か月後(初回から1年後)に3回目の大腸内視鏡検査。

この時も、問題ない程度の小さなポリープが見つかり摘出。

再検査は1年後となり、今回4回目の大腸内視鏡検査を受けます。

検査前日から食事制限。

最後の晩餐も心遣いなし、辛い2日間が始まります!

当日は、朝から2Lの下剤を10分間隔で飲み続け大腸を奇麗にする必要があります。

これが辛いです。

検査後も食事制限があり、問題が無くても2日間は食事制限、

ポリープが見つかり摘出手術を行うと、約1週間の食事制限となってしまいます。

明日から食事制限が始まるので、今夜の夕食は最後の晩餐のような気分。

気分的に食欲は無いので、気を使って欲しいなどとは思いませんが、あまりに寂しい最後の晩餐。

これが我が家の悲しい現実です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援クリックしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

ネットのお買い物はハピタス経由がお得!
ハピタス経由での買い物なら、ポイントも貯まるので超お得です!!
損はしたくない、この貧乏床なら頑張れる!

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 カテゴリ