これは、リビングに置いてある観葉植物の話。


家の近くにあるショッピングモールに、観葉植物を販売するオシャレなテナントが入り、それを見て思った事です。

アイビー(ヘデラ)かと思っていたのですが「ポトス」でした。

教えていただき感謝です。

葉の色も悪く奇麗とは思えない状態。

と言うか、これがあるので部屋が汚く見えてしまう状況です。

リビングに置いてある観葉植物の話1

これを何とかしたいと思い、母を連れて“植木の里 安行(あんぎょう)”に行って来ました。

リビングに置いてある観葉植物の話3

安行(あんぎょう)は、埼玉県南部にある植木、苗木、切花の特産地。

植木、苗木、切花の問屋街と言った感じで、道の駅だけではなく農協が運営している店など多数のお店があります。

植木の里は、外環自動車道 川口東IC近くにある道の駅「川口・あんぎょう」。

ショッピングモールで売られている観葉植物と比べると、いずれも半額以下の価格。

いろいろ悩んだのですが、「青年の木」と言われている「ユッカ」を購入しました。

リビングに置いてある観葉植物の話4

買ったのは母ですが。

汚い植木を、母が買い替えてくれるとは思ってもいませんでした。

以前なら文句を言って来たかと思いますが、母としても思うように育たないのでどうしたのかと思っていたようです。

これでリビングが綺麗になると、置いてあった「ポトス」を片付けたら何で葉の色が悪くなり育たないのかがわかりました。

水のやりすぎと言うか、鉢が水で湿ったまま。

リビングに置いてある観葉植物の話2

湿ったと言うより、水が溜まっている状態でした。

2重の鉢の下は水が溜まっている状態でした。

日陰でも手間もなく簡単に育つ植物でも、育て方を間違えるとまともに育ちません。

我が家の娘も同じ状況なのではと思いました。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ