多くの企業が定年60歳で、定年後は再雇用となり収入が激減するのが現実です。


私も定年後は再雇用となるので、年収は3分の1以下となってしまいます。

それでも、住宅ローンは退職金で早期返済する予定なので、なんとか暮らしていけるかと思ったら大間違いのようです。

ネットで調べていると、年収700万円の方が定年退職し、再雇用で年収300万円になってしまったという例が出ていました。

所得控除は基礎控除と社会保険料控除のみを差し引いた場合で、年収700万円の場合翌年課税される住民税は年間38万円。

定年の翌年は、前年の年収で計算されるので住民税が38万円になってしまうとの事です。

再雇用で年収300万円となると、そこから所得税6万円、住民税38万円、社会保険料43万円を差し引かれ、手取り年収はは213万円になってしうとの事です。

年収300万円の場合、月収は25万円ではなく17.75円になってしまうとの事です。

???

定年後の1年が鬼門、これはおかしいですよね。

これはおかしいですよね。

収入は減ったのですから、前年の年収で住民税を計算するのではなく住民税控除にしてほしいです。

会社が倒産して無職になった人も、住民税の支払いは発生します。

収入が減り、困っている人から住民税をむしり取るような制度は即刻改定してほしいです。

私の場合も、保険料など給料自動引き落としをしている金額を考えると月収は13万円程度になりそうな感じ。

保険料に直しで、月3万円程度(母と私と妻)に減らしたのですが、これでも厳しいです。

定年後、2年目以降は年収300万円の計算だと住民税は12万円程度まで下がるとの事ですがそれでも厳しいです。

現在も、定年再雇用を選択したので、月収は10万円減らされています。

56~57歳がマイナス50,000円、58~59歳はマイナス100,000円。

このマイナス額の合計は、4年間で360万円です。

360万円も引かれるのが条件での定年再雇用はおかしくないですか?

この問題を誰かが告訴し、社会的な問題となり、廃止されれば嬉しいのですが。

現状も、ボーナスや預金で穴埋めをしながらの生活です。

退職金も、住宅ローンの早期返済と、家の補修で消えてしまいます。

調べれば調べるほど、老後の生活が不安になります。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ