パートの年収は問題あり、稼いだら損だなんておかしいですよね?


妻は、交通費は別かと勘違いしていたようで。

それで再計算すると、ギリギリ129万円代。

パート代は月10万円までとして働いていますが、交通費は実費でその分が毎月パート収入に加算されているので。

年収の壁は要注意、この壁には交通費も含まれます!

パートタイムの収入は、4つの壁があります。

一つ目の壁は「100万円の壁」。

100万円を超えると、個人住民税が発生します。

個人住民税が発生しても、これは年間7,000円程度なのでこれを意識して働いている方はいないかと思います。

二つ目の壁は「103万円の壁」。

扶養者の所得から配偶者控除38万円が差し引かれる上限なのですが今は配偶者特別控除があり、配偶者特別控除が150万円までは38万円の所得控除となるので、これも意識する必要は無くなっています。

現在重要なのは、三つ目の壁「130万円の壁」です。

我が家の妻も、この「130万円の壁」を考えて働いています。

パートタイムの収入が年間130万円を超えると、社会保険に入る必要があるからです。

先月、私が入っている雇用保険から、調査書類が届きました。

妻や娘の年収の調査です。

これで、年収が130万円を超えていたら、雇用保険の対象からはずされてしまいます。

同居している母は年金生活なのですが、年金額が年間130万円を超えているので、社会保険に入っています。

社会保険に入るとなると、条件にり金額は変わりますが、年間約18万円越えの出費が必要となります。

要注意なのは、この年収130万円には通勤手当も含まれる事です。

うっかり1円でもオーバーしてしまったら、社会保険に入事となり、収入が約18万円も減ってしまうのです。

四つ目の壁は「150万円の壁」。

これは配偶者特別控除「満額38万円」の壁です。

これを超えると段階的に控除額が減り、201万6000円を超えると配偶者特別控除は受けられなくなります。

この中で、やはり大きいのは1「130万円の壁」です。

パートで年間150万円超(151万円)を稼いでも、129万円の時との収入差が無いのです。

一般に言われているのは、130万円の壁を超えるのなら、年収180万円は稼ぐこと。

これが個人的には問題かと思っています。

我が家の妻も、130万円の壁を超えないようにとしているので。

これを超えると、さらに20万円以上稼がないと損してしまうので。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ