2019年に、話題になった「老後2,000万円問題」、これは金融庁の報告書が誤って広がったのが原因です。


その報告書は、2017年に行われた調査の結果で、夫65歳、妻60歳で無職の夫婦が、夫95歳、妻90歳(30年後)まで年金だけ生活した場合、家計収支が毎月5.5万円の赤字になるとの計算で、「月5.5万円×12ヵ月×30年=1,980万円」、30年で2,000万円の不足と算出されました。

なので、老後生活に備え、2,000万円の預金が無くても月5.5万円の収入があれば問題ないとの報告書でもあると思います。

さらに、2020年に行われた家計調査の結果には驚きです。

老後のマイナス2,000万円問題は、70歳まで働けば解消できるのか?

同様の調査なのですが、2017年の月マイナス5.5万円が、月マイナス1,500円になっているのです。

差額が毎月1,500円なら、30年間でも55万円のマイナス。

これは、新型コロナウイルス問題も影響しているとのこと。

2020年は、新型コロナウイルス問題で1人10万円の給付金が会った事と、旅費や食費などの支出を減らした世帯が多かったという特殊要因があるからです。

10万円の給付金が今後はもらえないとして計算しても、夫婦で20万円×30年間なので600万円。

月のマイナス1,500円、30年間で55万円のマイナスと合わせても655万円と、2,000万円とは大ききくかけ離れています。

家計調査報告(家計収支編)2020年(令和2年)平均結果の概要

これを見ると、老後も最低限の暮らしは出来そうな感じ。

ですが、我が家の場合は水道代が平均35,000円(2ヵ月ごと)や、電気代などが高額なので、年金だけで暮らすことは不可能かと思います。

それでも、65歳から70歳まで月5万円以上を稼げれば、暮らしは成り立つのではないかと思いました。

問題なのは、定年再雇用となる60歳から65歳までですね。

ハピタス経由なら楽天などのネット通販でポイント2重どりが出来てお得です。
ハピタスのポイントも100円に付き1ポイント(1円相当)同時に獲得できます。
さらに、今なら案件達成で2,500円相当のポイントプレゼントキャンペーンも!
登録は無料でポイントはもらえるので、ハピタスのお試しをお勧めします!

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気。
ポイントタウンは、ポイント還元率ナンバーワンだったのですが、還元率が下がっているので、
ハピタスのサブとしてのお勧めです。

節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
女性が一番活躍しているお小遣い稼ぎ
明日のためにできるシンプルなこと
主婦だって、きれいでいたい
しまむらパトロール*しまパト 
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ