雇用法が改正されても、定年が延長される事は無く60歳で定年はそのまま。


高年齢者雇用安定法で、65歳まで働けるようになりましたが、多くの企業は継続雇用制度を導入。

継続雇用は、60歳で定年退職となり、それ以降は再雇用として働くことになります。

私も60歳定年で、現状は再雇用を希望しています。

定年後、再雇用となり減収となるのはしょうがない事なのですが、再雇用を希望した社員の月収はマイナス10万円はおかしいですよね。

私はこの月収マイナス10万円で苦しんでいます。

誰かが、このような事はおかしいと裁判を起こしてくれたら嬉しいのですが。

この継続雇用の場合、再雇用後の収入が60歳到達時に比べ75%になった場合、雇用保険から毎月(振込は2ヵ月に1度)、高年齢雇用継続基本給付金が受け取れるとのことです。

高年齢雇用継続基本給付金は、継続勤務時の賃金の最大15%を支給してくれます。

定年後の収入減対策は、給付金の条件の検証を!

この高年齢雇用継続基本給付金を受給するには、「60歳以上65歳未満の一般被保険者であること」「被保険者であった期間が通算して5年以上あること」「60歳以降の賃金が60歳時の賃金の75%未満に低下したこと」などの条件を満たすことが必要です。

支給限度額は36万5114円、最低限度額は2059円です。

受給期間は60歳から65歳になるまで。

再雇用後の収入が60歳到達時に比べ75%になった場合とのことなので、これが76%だともらえないという事?これは調べて見た情報なので、まだ詳細は分かりません。

すでに定年再雇用となっている方に話を聞きたいのですが、コロナ問題で話は聞けていません。

私もあと数年で定年再雇用。

緊急事態宣言も終わったので、定年再雇用となっている友人を誘って飲みに行こうかなどと考えています。

ハピタス経由なら楽天などのネット通販でポイント2重どり。
ハピタスのポイントも100円に付き1ポイント(1円相当)同時に獲得できます。
今なら案件達成で2,500円相当のポイントプレゼント!

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気。
ポイントタウンは、ポイント還元率ナンバーワンです!

節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
女性が一番活躍しているお小遣い稼ぎ
明日のためにできるシンプルなこと
主婦だって、きれいでいたい
しまむらパトロール*しまパト 
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ