定年後の事を考え、いろいろ調べたのですが、定年再雇用後の60歳~65歳までの生活が問題です。


持ち家なので、問題があっても、最低限の補修で暮らしていけます。

極論ですが、キッチンのガスコンロが壊れても、キャンプ用のガスコンロがあれば生きて行けるという事です。

公務員の定年が65歳に引き上げられる国家公務員法等改正案の成立が確実になったとのニュース。

現行の60歳定年が、2023年度から61歳になり、以後3年おきに1歳ずつ延長され、2031年度から65歳となとの事です。

これは、年金の支給開始年齢を現在の65歳から70歳に引き上げることが目的との事です。

現在は、雇用確保措置が義務づけられ65歳まで働けるのですが、これは定年延長ではありません。

雇用の義務なので、60歳で定年退職し、その後は再雇用などので雇用形態が変わります。

再雇用制度が始まった時は、個人差はなく一律の月収20万円など、パート以下の収入での雇用です。

私が勤めている会社も同様な感じで、再雇用制度が始まりました。

月収20万円では生活できないですよね。

月収20万円では生活できないですよね。

それも「同一労働同一賃金」制度で、一律ではなく業務により報酬が変わるように改善されたようです。

この制度は、大手だけではなく中小企業にも適用されることになりました。

これを調べて見ると、正社員と非正規社員が同じ仕事をしている場合なので、業務内容が変われば年収が下がっても文句は言えません。

年金は60歳になれば繰り上げ受給が出来るのですが、もらえる金額が30%も減ってしまいます。

他の方がどうなのかを知ら寝て見ると、繰り上げ受給率12.3%、繰り上げ・繰り下げなし86.3%、繰り下げ受給率1.5%。

12.3%の方が、繰り上げ受給を行っています。

さらに、繰り上げ受給するなら2022年4月以降とのニュースが!

繰り上げ受給による減額率は2021年4月現在0.5%ですが、それが2022年4月からは0.4%に引き下げられるとの事。

ですが、繰り上げ・繰り下げなしが一番お得なようです。

60歳以降に働く場合は、年金との合計が月28万円を超えると年金額の一部または全部が支給停止。

定年再雇用で働きながら、年金(減額で70%)はもらえないからです。

働いて20万円、年金14万円(満額20万円で計算)にはならなく月28万円になってしまいます。

65歳以上になれば、減額対象は年金との合計は47万円。

働いて10万円、年金20万円(満額20万円で計算)なら月30万円です。

さらに、配偶者が年下なら65歳まで「加給年金」がもらえます。

繰上げ受給をした場合、加給年金までを繰り上げて受給することはできません。

この金額は年間39万円なのでこれは大きいです。

なので、65歳までなんとかなればと思います。

娘が就職して、65歳までの間は家にお金を入れてくれるなんて事になれば問題解決なのですが、妻が娘に甘いので娘のことを期待するようなことは出来ません。

預金では足りないし、何とかしなければと思います。

ポイ活するならハピタスがおススメ!
ポイ活をした事がない方なら、これだけで10万円ゲットも可能です!

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気。
ポイントタウンは、ポイント還元率ナンバーワンです!

節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
女性が一番活躍しているお小遣い稼ぎ
明日のためにできるシンプルなこと
主婦だって、きれいでいたい
しまむらパトロール*しまパト 
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ