時代が変わったのですね、タンスの需要はないとの事です。


まだ綺麗なタンスなので、捨てるのはもったいなかったです。

おカネが欲しいという事ではなく、使えるものなのにゴミにしてしまうのがです。

ニトリなどで売られているプラスチックの収納の方が便利なのですが、子供服をしまうためにと、母(80代)が買ったものです。

娘も成長し、部屋インテリアを考えると、この昭和な感じのタンスが邪魔なのです。

捨てるべきか、解体するべきか悩みました!2

色を塗り替えるなど提案しましたが、大きさの問題もあり処分することとなりました。

これと同様な商品がスーパーセカンドストリート大宮日進店で販売されていましたが、価格は2,000円。

持っていけば買い取ってくれるのですが(数百円?)、これを車に積み込むのは大事。

メルカリなどで売るにしても、送料の問題があるので売れません。

素材ゴミは310円で捨てられる

結局310円を支払い素材ゴミとして処分することにしました。

これも電動ノコギリがあれば簡単に解体できるのですが、ゴミの量が多くなり捨てるのも手間になるのでやめました。

電動ノコギリでの解体は、あまりに簡単なので快感です!


今まで、通常のノコギリで5分くらいかかって切っていた板が数秒でカット完了!

EARTH MAN AC100V電気のこぎり DN-100 TKG-1401663

木材を切る木工用ブレードだけではなく、塩ビ・PC用、鉄工用ブレードも付属。

金属も切れるので、これは超便利です。

コタツの天板のようなかたい板も数分でバラなら。

大きなゴミを捨てるのには、カネがかかる時代です。

なので、この電動ノコギリは究極の節約用品なのではないかと思います。

主婦でも簡単に使えるのですが、我が家の妻の場合はノコギリの歯を選んで付けるのか問題。

鉄が切れるはなら最強だから年でも切れるでしょうなんて事を言いそうです。

効率よく切れる用に、歯の形や素材が番うのです。


関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ