2021年4月に、高年齢者雇用安定法が改正されます。


現在の「65歳まで働ける制度」が、「70歳まで働ける制度」に変わります。

65歳まで働ける制度も、雇用の確保なので、定年延長ではなく定年再雇用と、収入は大幅に減ってしまう仕組みです。

さらに、70歳まで働ける制度は雇用ではなく就業確保。

これを調べて見ると、あり得ない感じですね。

70歳まで働けるようになる高年齢者雇用安定法の改正は地獄です!

今回の改正は、70歳までの就業確保で「努力義務」です。

65歳までは「雇用確保」だったのですが、70歳までは「就業確保」。

なので、会社の仕事ではなく、雇用が確保されれば問題なし。

ビルの清掃業者に委託され、ビルのゴミ集めの仕事でも雇用が確保となるのです。

この様な法律を決めているのは、高齢になってもお金に困らない方たち。

65歳を過ぎても働きたいのなら、どんな仕事でも文句を言うなという事です。

我が家の場合は、電気や水道などの固定費が高額なので、働けるのなら70歳まではと思っていましたが、これはあり得ない感じ。

どう考えても、務めていた会社とは別の働き先を探した方がと思える内容です。

国会議員には高齢者が多くいますが、この方たちは現実を分かっていないのでしょうね。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ