医療費が10万円を超えなくても、対象マーク(▼☆○など)が付いた医薬品などの購入が年間1万2000円を超えれば医療費控除の対象になります。



ドラッグストアで購入した医薬品等の費用も、医療費控除の対象となります。

確定申告の時期なので、医療費の領収書などを整理し、ドラッグストアのレシートもと探したら▼☆○などのマークのレシートは1枚しか残っていませんでした。

これは知っていたことなのに、うっかり捨ててしまったようです。

ネットで、療費控除の対象となるも商品を調べて見ると、「治療又は療養に必要な医薬品」とのことで、市販の風邪薬や下痢止め薬などと書かれていました。

腰痛のための温湿布薬や目薬は対象にならないとも。

これなので、わかりにくいですよね。

ですが、ドラッグストアのレシートには対象マーク(▼☆○など)が付いているので、対象商品かはすぐにわかります。

▼☆○などと書いたのは、決まりがないため、お店によって異なるからです。

対象マークが付いた医薬品などの購入が年間1万2000円を超えれば医療費控除の対象に

このスタディーALG 15mlは目薬なのですが、第2類医薬品と書かれていたので、セルフメディケーション税制対象商品なのです。

それなので、レシートを見れば対象マークが付いているので、税制対象商品かどうかはわかります。

、対象マークが付いた医薬品などを年間1万2000円を超えれば医療費控除の対象に

目薬は、2が月で無くなるので年間6個は購入しています。

新型コロナウイルス問題が起きた時も、医者に行くことが心配なので、風邪薬などを購入しています。

買った後、レシートを確認しているので、もっとたくさん残っているはずなのに?

それが、2020年のレシートは1枚しか見つかりませんでした。

うっかり捨ててしまっていたようです。

我が家の場合は家族5人。

私は月一回、血圧の薬をもらいに通院しています。

80歳代の母も同居しているので、年間の医療費は10万円を超えるので通常の医療費控除となります。

平成29年からは医療費が10万円を超えなくても、医療費控除となる「セルフメディケーション税制」が始まっています。

世帯全員で、対象の医薬品を年間1万2000円以上購入された場合が対象。

課税所得が400万円の方が対象医薬品を年間20,000円購入(生計を共にする配偶者その他の親族を含む)した場合の例が出ていました。

年間1万2000円を超えた分の8,000円が課税所得から控除されるのです。

減税額は、所得税1,600円(20%)と、個人住民税800円(10%)です。

家族全員分が対象なので、レシートを捨てずに残されている方は要チェックです。

年間20,000円で、2,400円も控除されるのですから。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ