これは学生時代にさかのぼる、生き方の違いのような話です。


数年前に、会社で資格と取るように言われ試験を受けた時も、今までのやり方で合格しています。

その資格は、毎年資格維持のための試験がありますがそれも毎年合格。

その情報を社員に共有したりしています。

その試験を受けた時も、参考書を何度見読み気になる所はマーカーでチェック!

過去の問題集を解き、誤った個所はサイドネットで検索というやり方です。

自動車免許を取った時は、教習所で習った事だけで十分と、それ以外の勉強などしていません。

今回驚いたのは、妻と娘たちの事!

詳細は伏せますが、妻と娘が資格を取るために試験を受けることとなりました。

その勉強方法が、私とあまりに違うので驚いてしまいました。

参考書を読みまでは一緒なのですが、気になる個所をノートに書き写しているのです。

私のやり方が間違え?これで生きてきたのに?

それは日に日に増え、ノートが1冊うまるくらいです。

私は、過去を振り返っても、ノートに書き写すなどしたことがありません。

それなので、いまだ誤字脱字が多く改善されないのかと思いました。

仕事に関しては、誤字脱字があっても問題ない状況です。

企画書などは私が書いています。

この企画書だけで、大きな仕事を獲得したこともあります。

会社として提出する企画書なので、誤字脱字を含め過激な文章を訂正するなど、営業やコピーライターが修正してくれます。

仕事で大事なのは、提出する企画書の考え方なので。

この状況ので、いまだ誤字脱字が多く改善されないのかと思いました。

書くことをしていないことが一番の原因かと思います。

ハピタスの10月友達紹介キャンペーンはお得!
最大1,000pt(1,000円相当)プレゼント!

ハピタスの10月友達紹介キャンペーンはお得!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援クリックしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ


関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 カテゴリ
 タグ