今の日本は、子供の将来は親の経済力で決まってしまうのです。


これはベネッセが調査したデータです。

世帯所得の増加とともに子供の学力が上昇しているのです。

所得の増加とともに学力も上昇

年収700万円未満の家庭の子供は平均は40点前後なのですが、年収1000万円以上だと65点を超えます。

この様に、金銭的に余裕のある家庭の子どもほど高学力であることが、証明されています。

同様な調査は、お茶の水大学教育学部でも行われており、結果は同様で、年収500万円未満の家庭の子供の平均点が42点なのに対し、年収1,000万円以上の家庭の子供の平均点は66点なのです。

日本人の生活環境は、負のスパイラルなのです。


トンビがタカを生むような事があれば、負のスパイラルから脱出できます。

でしが、普通の場合は、上記データで証明されている様に子供の将来は親の経済力次第。

現実はこういう事なのでしょうね。

金銭的に余裕のある方の子供は、私立中学~私立高校へ、塾にも通い、名門大学へ。

そして大手企業に就職し、高収入。

ところが金銭的に余裕がないと、小学校~中学校と公立校に通い高校受験。

塾に行っていれば、これでも問題ないのですが、今は塾に行かないと難関校進学は厳しい時代。

公立高校に絞っての受験だと、絶対に受かるレベルに下げての受験となり、ランクの高い公立高校は無理。

経済力のない家庭の子供は、借金を背負っての社会人スタートなのです。


それでも頑張って、国公立大学に行ければいいのですが。

大学は、国公立でも授業料は高額で、親に余裕がない場合は、学資金を借りての進学。

働きだすと、その借金返済が始まるのです。

また、大学に行なくても何かやりたい事を見つけ、うまくいったら負のスパイラルからの脱出が可能です。

美容師になり、人気が出て独立するとかですね。

でも美容師になるにも。専門学校へ行く必要があり、学費は2年で260万円くらい。

専門学校にも行かないで、高卒での就職だと、高収入がもらえる職業へのステップアップは厳しいのが現状。

なので、子供の将来は、子供の頑張り以上に、親のお金次第、成績と親の経済力が比例するのですから。

子供の将来を考えると悲しくなりますね。

ロトくじの購入がネット解禁に!200円で一攫千金!


関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ