見栄や趣味ではなく、日々使うものにお金をかけるべきだと思いました。


退職金が入り、キッチン周りやトイレなど、気になっていたものを交換しました。

1Fトイレは業者に頼み全交換。

2Fトイレは、節水型に交換済みなので洗浄便座のみをDIYで交換しました。

交換を業者に頼むと工賃15,000円と高額。

洗浄便座ならとDIYで交換したら簡単な作業なので、この交換に工賃を支払うのはもったいないと思いました。

交換したのは、リクシル パッソ CW-EA24QC (BW1/ピュアホワイト)です。

洗浄便座をDIYで交換3

トイレに入ると自動でふたが開くようになっています。

洗浄便座をDIYで交換4

トイレ内の明かりもあり、これは○○の状況を見るため?

温風乾燥などもあり、機能を使いこなすのには時間がかかる感じです。

洗浄便座をDIYで交換5

日々使うものなので、これは大正解です。

8万円程度で売られている(定価だと)リクシルの最上位洗浄便座への交換が約7万円程度の出費!

交換は簡単なので、工賃を支払うのならその金額をこの商品購入に使うべきだと思います。

毎日使うもの!かと

ふたを開ける必要がない事は些細な事かと思っていましたがこれは超快適です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援クリックしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 カテゴリ
 タグ