残業規制は、大企業を対象に働き方改革の一環として2019年4月から始まりました。


この規制が、2020年4月から中小企業にも適用されるとのニュースです。

残業上限規制の内容は、原則として月45時間・年360時間に制限されます。

特別な事情があって労使の合意がある場合は年720時間、複数月平均80時間、月400時間未満、月45時間以上を超えるのは年6ヵ月まで。

中小企業への残業規制適用で、年収大幅減で生活苦になる方が激増!

有休も、年間5日間は絶対に取らなければいけません。

この条件を破ると、会社が罰せられるのです。

私の場合は、残業手当が付かなかったので影響はありませんが、残業手当が付いた人には大問題です。

私が勤めている会社は、以前は無制限に残業手当が付いたので、30代で年収1200万円なんて方もいました。

月200時間の残業なのですが、その実態は?

土日は、予定が無ければ会社に来て考えていました見たいな感じ。

10時間会社にいれば、10時間分の休日出勤手当。

平日も、予定が無ければ考えていましたと終電帰り。

これで給料が倍以上になるのですから、決してブラックではないかと思います。

残業代の規制が始まると、休日出勤している社員はいなくなりました。

私は30代半ばで正社員になり、残業手当が付く様になったのですが、1年足らずで残業手当が付かない役職になりこの恩師を受けられませんでした。

残業手当が付いた時の月収は90万円(手取りで70万越え)を超えたことがあるくらいで、その時の年収をいまだに超えられません。

残業規制の効果は大きく、上記のような無駄な支払いがなくなり、会社の利益率が向上。

その分の金額がボーナスに反映されているので私にはうれしい規制です。

ところが、中小企業への残業規制適用は大問題のようです。

総務省調査で中小企業の平均年収は357万円。

低い年収を残業手当で補うような給料体型の会社もあり、月30時間の残業カットだと年収は約50万円ダウン。

これでは生活に支障が出てしまいます。

大企業の場合は、無駄を改善できたと効果がある場合もあるのですが、中小企業の場合は大問題のようです。

これなので、年収大幅減で生活苦になる方が激増するのではと問題になっています。

制限を超えた残業をさせれば、企業が罰せられます。

会社としては規制だから残業を禁止すればいいだけで、サービス残業が増加するだけかと思います。

にほんブログ村テーマ 節約でシンプルな生活!へ

節約でシンプルな生活!
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)
簡単♪上手に節約術
主婦のつぶやき&節約&家事etc...
頑張らない節約
節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ