衣替えは、寒くなる前に行うべきかと反省しています。


急に寒くなると、衣替えを行う前に買ってしまいます。

それなので、同じような服が多数あります。

通勤用には、ジャケットやコートが3着、パンツも3本ていどあれば問題ありません。

実際に利用しているのは、お気に入りの3着の着回しの様な感じですから。

それなに、同じようなものを毎年買っていました。

本格的に衣替えを行ったら、昨年の冬はしまったままで一度も着なかった服までできました。

これらはすべて無駄、処分すべきか悩みます。

これらはすべて無駄な服で、処分すべきか悩みます。

襟などに、黄ばみがあるものはすべて捨てましたが、まだこのような量が残っています。

いらないものは捨てるのが節約です。

捨てれバ、収納スペースも増えるし、無駄な(衣替え)作業も無くなります。

それなりに収納量のいあるクローゼットなので、必要なものだけに絞れば問題ないかと思います。

貧乏性で、捨てないで取っておくのは誤りだとわかっているのですが、捨てられないのが現状。

ユニクロの影響で、安く服は買える時代になりました。

今後は、これらの整理が課題です。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ