私が家を建てたのは、消費税率が5%に引き上げられると騒がれていた時。


増税には間に合ったのですが、結果的には増税後に住宅ローン控除の改定があり、結果的には損した感じです。

今回の増税も、物によってはポイント還元などがあるので、増税前のまとめ買いはしませんでした。

今の子育て制度は充実していると思います。

全てがマイナス、子育て期間がずれていれば?

我が家の娘は、2歳の時から幼稚園(キンダーガーデン)に通わせたのですが、その時は国からの補助は無し。

それが今は、費税増税とともに10月から始まる幼児教育・保育の無償化。

娘を通わせていた認可外施設でも、月37,000円までの補助があるとの事。

月37,000円が二人なら、月74,000円になります。

仮に3年間この補助があったとして計算してみると、2,664,000円になります。

これは過去の話なので、いまさら言ってもしょうがない話。

それより、私の定年が迫っています。

これがあと2年ずれていれば教育費問題は解消していたかと思います。

55歳を超えたので、月収は5万円減っています。

58歳になると、さらに月収は5万円減となるので、月収10万円減です。

これが後2年ずれていれば、学費問題は何とかなったのですが、すでに月収5万円減となってしまい、苦しい家計となってしまいました。

この減収は、定年再雇用を希望する人が対象の減額。

この定年再雇用はおかしいですよね。

定年再雇用の場合は、一律月収20万円となっていたのですが、これは労働基準局から注意が入り、業務の応じての報酬に変更されました。

私が20代のころ働いていた会社は、残業手当が存在しない会社でした。

その会社も、私が転職した数か月後に、労働基準局から指摘され残業手当が付くようになりました。

その様時は、月200時間くらいの残業だったので、転職せずに残っていたら給料が2倍以上になっていました。

この様な感じで、いつも金銭的になマイナスになっています。

ライブドア事件後に株を始めたら、単に200万円損しただけ。

その時購入した株を持ち続けていたら、200万が2千万円になっていました。

この様にすべてがマイナス。

金運がないのかと思います。

にほんブログ村テーマ 節約でシンプルな生活!へ

節約でシンプルな生活!

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ