当日修理で緊急事態の水漏れは無事解決


修理に来たのは、若い子なので、いろいろ話をしてくれました。

問題だったのは、本館と水栓を繋ぐパイプではないかとの事です。

私は、DIYで3Fの洗面所の水栓を自分で交換しているので、その時の疑問を質問したら親切に答えてくれました。

今回交換したパイプは、以前私がDIYで好感した時は継ぎ足されていたのでこの事を聞くと、以前はこの様にパイプを継ぎ足すのはあたりまえで問題ないとの事。

また、3Fの洗面所の水栓を自分で交換した時、洗面所の下の蛇口が旧タイプでメスネジになっていたと言ったら、使う水栓のタイプで今でもそのタイプはあり、蛇口を交換しなくてもアダプターがあるなどを教えてくれました。

また、本官と水栓を繋ぐパイプの問題かとは思うのですが、本官が問題だと壁を壊して大掛かりな工事が必要な事も話してくれました。

ごくごくまれに、このような事があったとの事です。

今回の工事費は、14,040円。

工賃10,000円と部品代1,000円で、税込み14,040円です。

へーベルハウスの指定業者は、状況を見に来る基本料金が8,640円で、修理費は別途必要との事。

今回は、水玉救急隊に頼んだので、ネットを見たで基本料金の3,000円は無料でした。

工賃10,000円と部品代1,000円で、税込み14,040円です。

部品は、自分で購入すれば300円程度です。

工賃は?

修理業者の若い作業員が会社に電話をかけ修理代金を聞いていました。

これが聞こえてしまったのです。

これで、工賃10,000円は高くないですか~なんて話していたのを。

お金を支払うときに、この作業員の子は、工賃10,000円は高すぎですよねなんて言ってくれたのでビックリ。

ですが、当日修理の緊急料金なのでしょうがないかと思います。

これが休日の昼間なら、自分でも修理できなかったと思います。

結果的には自分で簡単に修理ができる事だったのですが、原因不明だったのでまさかの事を考えると業者に頼むしかありませんでした。

へーベルハウスの指定業者は基本料金が8,640円。

今回は、ネットを見たで基本料金は無料。

へーベルハウスに頼むと基本料金自体が高額、この状況を今回来てもらった会社は把握しているのではなっかと思ってしまいました。

修理に来た若者に、家の様子と聞いて、へーベルハウスなら工賃は10,000円と、通常より高くなったのではないかと思います。

その修理業者の若い子はイケメン男子。

この様に感じのいいイケメン男子が修理に来たら、これが30,000円でも文句を言う主婦はいないのではないかと思ってしまいます。

疲れさまと、お茶をどうぞなんてこともあるのではないかと思ってしまいました。

今回は緊急対応で終わりましたが、水栓も問題があるので、これはDIYで交換する予定です。

その事などもいろいろ教えてくれたので、参考になりました。






関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ
DIY