50代で、企業に勤めている方は実感していると思います。


今は、若者が優遇されるようになってしまい、50代のサラリーマンは厳しい状況。

働き方改革は、50代親父には厳しい現実、若者優遇!

私たちが若いころは、年功序列もあり、上司には逆らえずに毎日深夜残業。

定時に帰るなどはあり得ない事でした。

それが「働き方改革」で、残業は制限され、有給も年5日以上は必ず取る事となっています。

年功序列から成果主義へと、給料体型が変わってしまいました。

これなので、成果を出さないと給料は上がらないのです。

この制度が若いころに導入されていたら嬉しい事なのですが、定年までのカウントダウンが始まった身としては辛い事。

私の場合は、クリエイティブ系の仕事なのでなおさら!

50代のカネなしオヤジより、40歳前後で業界風なファッション、いかにもな感じの奴の話の方が信頼されるのです。

50代オヤジでも、過去の実績で美大や専門学校の講師をやるなど、先生になっていれば違うのですが。

この若者優遇が辛いのは、私がメインでやっていた仕事にも影響しているからです。

30代社員は、メインで仕事をこなしたい時期。

私がメインでやっていた仕事も、30代社員がメインで仕事をこなせる様にと、私はフォローする立場に。

これはハッキリ言って辛いです。

30代社員に考えた案に対し、自分がリーダーなら否定できたのですが、フォローする立場だと、何か問題が起きない限りは若手社員の考えに従うだけ。

クリエイティブ系の仕事なので、これはどうすることも出来ない話。

定年へのカウントダウンが始まった社員は、会社としては早くやめて欲しい感じ。

若手社員は、環境や待遇を改善し、辞めないでほしいと言った感じ。

50代で現役は少なく、多くの同僚が庶務や経理に移動しています。

私の場合は、いつまでクリエイティブに残れるのかと言った感じです。

にほんブログ村テーマ 節約でシンプルな生活!へ

節約でシンプルな生活!

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ