健康診断があったのは6月で、その結果はいつもの通り、ギリギリの数値。


それの数値が、今月になり急に悪化、危ない感じです。

何が悪かったのかというと、γ-GTP。

私は、血圧が高いので、月1回薬を処方してもらうために通院しており、血液検査もしています。

その検査の結果なので、7月の血液検査の結果。

これは危ない数値かも?

これで、γ-GTPが400を超えていました。

過去、γ-GTPが600を超えてしまい、その時は週3回禁酒日(休肝日)を作り、2ヶ月ほどでγ-GTPは200代まで下がりました。

現在は、週1回の禁酒日(休肝日)で、γ-GTPは200代後半で安定していたのですが。

6月~7月は会社で嫌なことがあり、ストレスがたまり、週1回の禁酒日(休肝日)が、10日に1回になっていたことが原因かと思われます。

厚労省のホームページに、この休肝日の説明が出ていました。

e-ヘルスネット(情報提供)休肝日

休肝日(きゅうかんび)とは、肝臓を休めるために週に1日以上飲酒しない日を設けることを推奨する目的で作られた造語とのこと。

なので、やはり最低でも週1回は禁酒日(休肝日)を作らないとダメですね。

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ