老後資金2,000万円が無いと生活が成り立たないとの発表は、年金20万円では毎月5万円が不足するとの試算です。


厚生労働省によると、標準的なサラリーマンと専業主婦の場合は、夫婦合計で毎月約22万円の年金が受け取れるとの事。

私の場合の、将来の年金を調べて見ると、毎月約22万円はもらえそうです。

高齢無職世帯の年金収入19万円は、年金が少ない自営業者等を含めた全体の平均です。

なので、不足分毎月3万円で計算すると、32年間で1200万円となります。

不足分とかではなく、夫婦2人で92歳まで生きた場合、毎月25万円で32年間生活すると9,600万円も必要なのです。

今回の老後資金は2,000万円必要と言う計算は、年金20万円が前提です。

年金がもらえない場合は、約1億円無いと生きていけない計算です。

これはいずれも、計算方法の問題ですよね。

準的なサラリーマンと専業主婦の年金は、夫婦合計で毎月約22万円。

普通のサラリーマンなら退職金もあるし、企業年金がある会社も多くあります。

月3万円の不足なら、時給1000円で月30時間、1日2時間で15日働けば補える計算です。

これで思うのは、そもそも老後資金2,000万円が必要と発表したのはおかしいかと思います。

老後の生活には、年金だけでは5万円のマイナスならこのような事にならなかったかと。

平均寿命の問題もあります。

夫婦2人で92歳まで生きた場合の仮定はおかしいですよね。

私の場合は、周りを見ても、平均寿命は72歳と言われています。

上記ランキングにはは行っていませんが、近い感じです。

定年後は速やかに死んでくれと言われているような感じ。

私の場合は、周りを見ても、平均寿命は72歳と言われています。

それなのに、92歳まで生き場合の試算ですから。

なので、老後資金2,000万円問題は92歳まで長生きする方の問題で、私には無関係なことが分かりました。

ですが、お金がたまらなく、老後生活の問題は厳しいです。

にほんブログ村テーマ 節約でシンプルな生活!へ

節約でシンプルな生活!

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ