金融庁が発表した「老後2000万円問題」が話題になっています。


老後生活には2000万円の預金が必要で、公的年金だけでは暮らしていけないとの発表です。

厚生労働省の「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、男性の平均支給額が165,668円、女性の平均額が103,026円で、全体の平均は147,051円となっています。

これだけ見ても、実際にいくらもらえるのかがよくわからないのですが、標準的なモデル世帯(40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯)の例を見ると、国民年金は1カ月6万5008円で、厚生年金は夫婦で22万1504円とのことでした。

金融庁が発表した「老後2000万円問題」が話題になっています。

さらに、総務省が実施した家計調査(2019年4月)、無職世帯(定年世帯が多く含まれる)の1カ月の平均支出を見ると、総額279,462円とのこと。

これらのことから、老後の生活には年金だけでは月5万円のマイナスとして計算し、老後生活には2000万円の預金が必要との発表だったのだと思います。

老後生活平均的な出費多以下の内容でした。

・食費 72,761円
・住居 10,086円
・水道光熱 23,175円
・家具、家事 8,269円
・被服費等  6,752円
・保健医療 15,402円
・交通通信 30,266円
・教育    1,983円
・教養娯楽 28,787円
・その他  39,538円
(主な内訳-理美容、おこづかい、交際費、嗜好品、諸雑費など)
・税金 社会保険料 42,444円
・総額279,462円

この月5万円のマイナスを積み上げての-2,000万円。

私の周りや父を見ても70歳代で死んでいるので、実際には-2,000万円にはならないと思います。

また、65歳からの生活で、月5万円のマイナスなら問題ないかと。

夫婦で1人25,000円を稼げば、暮らしていける計算。

老後生活には2000万円の預金が必要との発表がおかしく、65歳を超えても年金以外に夫婦で月5万円を稼ぐ必要がとの発表だったら、こんな騒ぎにはならなかったかと思います。

駅の自転車整理などで働いているお年寄りを見かけますが、そのような事で1人25,000円稼げば生活できるとの発表ならよかったのではと思います。

ですが、この平均的な出費を見て、やはり我が家には大問題があることがわかりました。

食費は、ダイエットをと言っている娘たちなので、今の生活でも問題無し。

住居費は、住宅ローンを退職金で完済すれば問題無し。

娘が大学を卒業すれば、教育費もなくなります。

問題があるのは、水道光熱費です。

我が家の水道光熱費は、約55,000円。

真夏や冬の電気代は月4万円程度になってしまうので、約55,000円との計算は年間の平均です。

エアコンの使い方など、今から節電を考えないといけないですね。

この平均出費額を見本に、今から対策を考えなければと思います。

家計調査結果からセカンドライフを生活設計
~統計は私たちの暮らしの「羅針盤」~


にほんブログ村テーマ 節約でシンプルな生活!へ

節約でシンプルな生活!

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ