この発端は、私の母が原因。


妻と娘が母に言われたとうりの行動。

???

何でこうなってしまうのかビックリです。

娘がスイカを2枚持っているのです。

スイカを2枚持ち

娘が通う大学は駅から徒歩でも行けるのですがバスもあります。

娘はバスを使いたいらしく、歩くのは疲れるなどとオババ(私の母)におねだり。

これで、私の母が5,000円を娘に渡し、スイカのチャージしなと言うのならなにも問題ありません。

母が娘にスイカは無いのと聞いた時に、娘がスイカは無いと言ったので、勘違いしたようです。

電車で学校に通っているので、スイカがないはずは無いのですが、年寄りなのでこれに気が付かないのです。

また娘も、スイカが無いではなく、スイカのチャージ残高が無いと言えばよかったかと思うのですが。

それなので、5,000ほどチャージ残高が残っているスイカを娘にあげ、また新しいスイカを購入していたのです。

スイカ購入は、妻に5,000円を渡して妻が買ってきたようで、スイカの新規購入となると発売価格に預り金(デポジット)500円が含まれるので、チャージ残高4,500円となってしまいます。

母からもらった5,000円がチャージされているスイカも、この残高がなくなったら意味なしです。

預り金(デポジット)500円はカード返却時に返金されるので、金額的には問題ないですが。

サラリーマンの場合は、個人利用と会社の交通費を分けるために、スイカを2枚持ちしている方がいますが、それとは違う状況です。

母からもらったスイカは、定期券を忘れるなど緊急事態用に持たせてもと思ったのですが、定期券を忘れた時は、自分のお小遣いで切符を買わせた方は良いかと思うので、やはりこのスイカは、チャージ金額を使い切ったら返却しようと思います。


関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ
 タグ