私が勤めている会社は、産休や育児休暇があるので、結婚しても会社を辞める女性社員はいません。


育児休暇が終わった後も、確実に定時に帰れる制度もあり、それを希望した場合は年収は450万円に制限されます。

これが、会社を辞めてしまい子供も成長し、再就職をとなると厳しい現実。

パートとなってしまうと、控除や保険の制限があり、年収120万円程度になってしまいます。

我が家の場合は、妻の年収は範囲内なので120万円程度。

この制度はおかしく、これは厳しいです。

定年が近づき思う妻の年収、この差は大きいです。

妻も大手企業の正社員だったので、会社を辞めずに勤めていたらと、タラレバなことを思ってしまいます。

私が勤めている会社はなら、定時退社の育児社員でも年収は450万円なので。

優秀な女子社員は、育児社員が過ぎた後には、通常の正社員に復帰しています。

この様な方と比べたら申し訳ないのですが、タラレバですが、夫婦の年収が2,000万円なら例え娘が二人でも大学の学費には困らなかったと思います。

この様な女子社員(結婚されている方)と話をしても、子供がいても学費の問題はない様です。

この差は大きいですよね。

なので、娘には大手企業に就職してもらいたいです。

さらに、チャンスがあれば独立を!

私はチャンスを逃してしまいました。

独立するなら大手企業に就職し、コネを作ってからと転職したのですがバブル崩壊。

あと数年早かったら独立できたのですが。

独立出来た先輩たちは、年収10倍でリゾートマンションを買ったりヨットを買ったりと華やかでした。

これもタラレバな話。

独立出来て一時的に年収が増えて、詩の語が厳しい時代。

そう考えると、これで良かったのかと思います。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ