私の考えが甘かったというより、これは病院の先生の説明が不十分だったのが原因。


まさか、手術台でメスを使っての腫瘍摘出手術だとは思ってもいませんでした。

癌の症状だったのですが、癌ではなかったので、安心し大げさに記事を書いたから罰が当たったのですね。


どのような症状化を正確に書くと、皮膚がんの疑いがあったのです。

出張先の大浴場で気が付きました。

胸の真ん中に、7㎜程度の大きさのホクロが!

今間で無かったホクロ。

ゴミが付いているのかと思い洗っても落ちないので、なんでこんなところにほくろが出来たのかをネットで調べると?

これは悪性黒色腫の症状似ていて、がんの前駆症状ないし早期段階の症状。

それなので皮膚科で診療してもらうと、やはり癌ではないのですが早期摘出が必要との診断。

こ癌ではないのなら、このままほっておいてもいいのでしょうか?と聞くと、

今日明日どうこうなることもないし、大病院での再検査も必要ないですが、早期の摘出が必要との事。

どのようなことになるのかを聞くと、30分くらいで終わり、会社を休む必要はないとの事。

それなので、ホクロを取るだけなら簡単なレーザー治療と思い、安心していました。

ところが?

手術台でメスを使った腫瘍摘出手術?聞いてないよぉ~!

手術室に案内されたのですが、その脇にはレーザー治療の機器があったので、この段階でもレーザー治療だと思っていました。

上半身裸になりベットに。

麻酔を打ちますが痛かったら言ってくださいとの事。

すると、メスが見えるのです。

???

何でレーザー治療じゃないの?

ちょっと痛いかも?

何で?

これはブラックペアン?

A LIFE〜愛しき人~?

自分の胸は見えないのですが、先生の手は見えます。

テレビドラマで見覚えのある感じ、針と糸で縫っているのです。

切ったのだから、二針くらいはと思ったら?

こんなに多く縫うのかと思う感じでした。

その後領収書を見ると、皮下腫瘍摘出手術、3センチ未満と書かれていました。

これは、早期発見だったので、この程度で済んだようです。

ネットで調べると、一回り大きく摘出する必要があるとの事だったので、これを放置していたら、癌になるか拡大するかなので、、本当の大手術になっていたところ。

生命保険も、手術前にホクロが出来てその摘出手術をするので保険金が出るのかを聞いたら癌でないなら出ませんと言われました。

ところが、これは癌ではなくても皮下腫瘍摘出手術なので、保険金の対象となります。

ですが、これは保険見直し後なので、もらえる保険金は5万円。

治療費は、保険適用手術なので1万円程度で済みました。

この様な手術でも、今は包帯など必要なく防水のバンソウコウなので、当日からお風呂も湯船に入ることはNGですがシャワーならOKとの事。

病院的にはホクロを取るだけで簡単な手術なのは分かりますが、患者としては手術台でメス出来られるのなら、それなりの覚悟が必要です。

今回の治療にはビックリで、気の弱いおやじになってしまいました。

皆さまも、急にホクロが出来たら要注意です。

何でこんな事に気が付いたのかは、以前ネットのニュースで海外のミュージシャンがファンかの投稿で命拾いみたいなニュースを覚えていたからです。

今までなかった所にホクロがあることに気が付いたファンが、皮膚がんの疑いがあるのではと投稿。

それで診察したら皮膚がんの初期症状だったとのニュース。

ホクロの摘出でも、一回り大きく摘出するので、これが大きくなっていたら癌になっていなくても大手術になってしまいます。

今回は、このホクロを早期発見出来たので、聞いていない手術台でメスを使った腫瘍摘出手術でも、これは良かったと思わなければいけないですね。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ