老後の生活費は1億円が必要、これが一般的なのです。


でもどうすれば1億円を用意出来るのか、これはあり得ない金額で不安というか無理な話ですよね。

ところがこの1億円は、夢の金額ではなく一般の人の場合の金額で、老後は多少贅沢な暮らしをなんて思うと1億5,000万円以上必要なのです。

老後の生活費は1億円が必要?どうすれば生きていけるの?  

1億円の根拠は、月35万円の計算で、65歳~90歳までの25年間に掛かるお金なのです。

35万円×12ヶ月で年間420万円、これが25年だと確かに1億500万円になります。

と言われても、この35万円が厳しい数字と思ったら、データで見ても一般的な数字なのです。

世の中の平均は、35万4千円でした。

ゆとりある老後生活費

サラリーマン夫婦二人がもらえる平均的な年金受給額は月額約22万円です。

22万円は、老後の日常生活に最低限必要な金額で、レジャーなどの余裕は一切ない金額。

生きていくのに最低限必要な金額が、年金なのです。

この月22万円で計算すると、6,600万円。

これなので、老後の暮らしに余裕を持つための目標貯蓄額が3,000万円と言われるのですね。

65歳を過ぎても月13万円以上の収入が目標!


逆に考えれば65歳を過ぎても夫婦で働き、月13万円以上稼げれば、普通に暮らせる計算で、1億円は可能な数字だったのです。

ですが老後の生活は、病気などの心配もあるし、90歳まで働くのは現実的ではないですね。

また、ゆとりのない生きていくだけの生活も悲しくなります。

趣味やレジャーで、多少のお金は使いたいですよね。

そうなるとやはり節約生活が重要。


35万円ではなく30万円なら9,000万円となり、毎月の目標額も8万円に減ります。

夫婦で月8万円なら可能な金額。

今から節約生活を行い、それを身に着けておくこと。

出費が減れば、月30万円でも豊かな暮らしができそうです。


皆さん苦労していますね、以下のサイトは参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村



関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 カテゴリ