定年後のカテゴリ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



カテゴリ:定年後

定年後のカテゴリ記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2021-10-13定年後
老後生活は、年金だけでは暮らしていけません。平均的な生活を送る場合、年金だけでは月5万5000円足らないそうです。これは、平均的な収入のサラリーマンが65歳で退職したあとの平均的な支出で老後の生活をした場合の計算です。総務省「家計調査」2017年版では、夫65歳以上、妻60歳以上で夫婦のみの高齢無職世帯の毎月の支出は約26万4000円。会社員として20歳から定年まで働いた場合の年金額は約19万円、そのほかの収入が2万円弱で...

記事を読む

2021-09-05定年後
定年に向けての年収ダウンは、勤めている会社により状況は違うかと思います。私の場合は、56歳役職定年で約5万円の月収ダウン。その後、定年再雇用をする希望者が対象で、さらに月収5万円ダウンと、55歳の時と比べ月収が10万円も下がっています。さらに定年後も2度の年収ダウンが現実で、いちばんつらいのは60歳になった再雇用直後。その試算がネットに出ていたのですが、定年前の年収が800万円で、再雇用の月収が25万円の場合、手...

記事を読む

2021-08-07定年後
民主党が政権を取った時は、私も民主党に投票しました。ですが公約にあった「子ども手当」月額26,000円は実現しませんでした。さらに、民主党は政権を維持することが出来ずに崩壊しています。その民主党を支持していたのは連合(日本労働組合総連合会)です。働く人の代表の連合も、民主党は崩壊と同時に無力化しまったのかと思います。雇用は延長されましたが、定年の延長ではなく再雇用などでの雇用延長。その実態の調査データを...

記事を読む

2021-07-21定年後
年金は、昭和61年の年金制度改正で受給開始年齢が60歳から65歳へ引き上げられました。段階的に引き上げられたのですが、私の場合は65歳からとなっています。65歳より前に、60歳から繰り上げて受け取ることもできるのですが、支給額が減ってしまいます。さらに、年下の妻がいる場合は「配偶者加給年金」があるので繰り上げ受給は要注意とのこと。「配偶者加給年金」は、年上の夫が会社員として働き、年下の妻は専業主婦として過ごし...

記事を読む

2021-07-18定年後
日本国民が、安定した老後生活を送るために必要な年金。この年金は、年金積立金として年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用しています。もしこれで損失が出たら、多くの方の老後生活に大打撃となってしまいますよね。私も、65歳からは年金をあてにしています。この年金の運用なのですが、7月2日に公開された2020年度の運用実績は驚きです。なんと37.8兆円の黒字なのです。これは凄いと思ったら、2019年度のGPIF運用収益率...

記事を読む

老後は年金だけでは暮らせない、「老後2000万円問題」は意味なく現実はもっと厳しいです。

  •  投稿日:2021-10-13
  •  カテゴリ:定年後

老後生活は、年金だけでは暮らしていけません。


平均的な生活を送る場合、年金だけでは月5万5000円足らないそうです。

これは、平均的な収入のサラリーマンが65歳で退職したあとの平均的な支出で老後の生活をした場合の計算です。

総務省「家計調査」2017年版では、夫65歳以上、妻60歳以上で夫婦のみの高齢無職世帯の毎月の支出は約26万4000円。

会社員として20歳から定年まで働いた場合の年金額は約19万円、そのほかの収入が2万円弱で、約20万9000円の収入。

この差額が5万5000円です。

老後は年金だけでは暮らせない、「老後2000万円問題」は意味なく現実はもっと厳しいです。

さらに、数年前に話題となった「老後2000万円問題」は、このマイナス5万5000円で95歳まで生きるとしての計算でした。

65歳の退職時から30年間で、5万5000円×360ヵ月=1980万円となり、これが老後2000万円となっています。

これは65歳から95歳まで生きるとしての計算なので、70歳代で死んでしまうなら老後2000万円も必要ないとの事ですね。

さらに、この平均的な算出を確認す津と、酒類と外食が約1万円、教養娯楽費が約2万5000円、交際費が約2万1000円、住居費は約1万4000円となっています。

これは持ち家が前提、さらに老後の30年間なら家の塗装などの費用が必要ですが、これは計算に入っていない感じです。

それなので、「老後2000万円問題」は意味がないかと思います。

そうではなく、平均的な生活を送る場合、年金だけでは生活できないという事だけを伝えるべきだったのではないでしょうか。

さらに、は持ち家が前提で、住居費が約1万4000円はい意味不明の金額。

家のメンテナンス費用などは計算に入っていません。

30年間だと、トイレや浴室などのメンテナンスが必要。

給湯機の交換や家の塗装、給水ポンプの交換などもっと多くのお金が必要です。

「老後2000万円問題」は意味なし、95歳まで生きることはあり得ないのでこんなお金は必要ないかと思ったのですが、

70歳代で死んでしまうとしても、これ以上にお金がかかるのではと思います。

なので、この様な中途半端な事を国として発表しないでほしいです。

勘違いしてしまう方が多くいるので。

ネット通販やクレジットカードの申し込みならハピタス経由がお得!
年会費無料のエポスカードの申し込みなら、6,000円相当のポイント!
ハピタス経由なら楽天などのネット通販でもポイント2重どりで超お得です。

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気。
ポイントタウンは、ポイント還元率ナンバーワンで、メールクリックなどだけでも換金可能です。
節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
大学生以上の子どもを持つ主婦のつぶやき。
40代からが勝負!〜あきらめないで〜
50代からのミニマルライフ。
しまむら・ハニーズで見つけた可愛いもの☆
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


定年に向けて2度の年収ダウン、さらに定年後も2度の年収ダウンが現実です!

  •  投稿日:2021-09-05
  •  カテゴリ:定年後

定年に向けての年収ダウンは、勤めている会社により状況は違うかと思います。


私の場合は、56歳役職定年で約5万円の月収ダウン。

その後、定年再雇用をする希望者が対象で、さらに月収5万円ダウンと、55歳の時と比べ月収が10万円も下がっています。

さらに定年後も2度の年収ダウンが現実で、いちばんつらいのは60歳になった再雇用直後。

その試算がネットに出ていたのですが、定年前の年収が800万円で、再雇用の月収が25万円の場合、手取り額は約14万円。

定年前の年収が1,000万円で、再雇用の月収が30万円の場合、手取り額は約15万円とのことでした。

定年に向けて2度の年収ダウン、さらに定年後も2度の年収ダウンが現実です!

何でこのような金額になるのかは、 定年前の年収で社会保険料や住民税の金額が決まるからです。

これを見てショックです。

現状の月収10万円ダウンは、節約生活でなんとかなっています。

逆に、今まで月5万円は預金するべ期だったと反省しています。

定年再雇用の制度が始まった時は、一律月収が20万円と発表されたのですが、それは安すぎだと今は改定されています。

個人の実績のよりですが。

それなので、定年再雇用後の月収は月20万円(手取り)くらいに下がってしまうと思っていたら大違いのようです。

月の手取り額が14万円程度では生活が成り立たないですね。

この定年再雇用後の1年分の預金が必要かと思いました。

ギリギリと思っていたのに、最低でも120万円の生活費が必要だなんて最悪です。

さらに65歳からは年金生活になり、これが定年後の2度の年収ダウンと言われています。

今は70歳まで働けるよう方が改定されました。

雇用ではなく仕事を与えるみたいな感じですが。

でも、現実はどうなのかはわからないので安心することは出来ません。

65歳までの雇用が義務となった時も、定年延長ではなく定年再雇用となっているので。

ハピタス経由で楽天などを利用するとポイントが2重にもらえるので超お得。
今なら案件達成で1,000円相当のポイントプレゼントキャンペーンも!

今なら案件達成で1,000円相当のポイントプレゼントキャンペーンも!
登録は無料でポイントももらえるので、ハピタスのお試しをお勧めします!

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気です。

節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
女性が一番活躍しているお小遣い稼ぎ
明日のためにできるシンプルなこと
主婦だって、きれいでいたい
しまむらパトロール*しまパト 
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


60歳定年後の給与の実態は驚き、これで我慢しているのはおかしいです。

  •  投稿日:2021-08-07
  •  カテゴリ:定年後

民主党が政権を取った時は、私も民主党に投票しました。


ですが公約にあった「子ども手当」月額26,000円は実現しませんでした。

さらに、民主党は政権を維持することが出来ずに崩壊しています。

その民主党を支持していたのは連合(日本労働組合総連合会)です。

働く人の代表の連合も、民主党は崩壊と同時に無力化しまったのかと思います。

雇用は延長されましたが、定年の延長ではなく再雇用などでの雇用延長。

その実態の調査データを見たら驚きです!

60歳定年後の給与の実態は驚き、これで我慢しているのはおかしいです。

1カ月の賃金(税込)の平均は、18.9万円とのこと。

私が勤めている会社も、定年再雇用が始まった時の報酬は、一律20万円と発表されました。

今は一律ではなくなり、個人の働くにより報酬が変わるようになったのですが、その実態はわかりません。

さらに、定年再雇用を希望する社員の年収は下がります。

なので、私の月収は-10万円です。

この様な労働者を苦しめる制度に対して、何も言えない連合は、はっきり言って終わっているのではないでしょか?

連合も、各企業の組合の方などで構成されているのですが、定年再雇用に対して実感のない方の集まりです。

なので、雇用制度の改定があってもそれは表向きだけ、高齢者にも働く機会をで終わっています。

その報酬=生活まで考えてほしいです。

ハピタス経由なら楽天などのネット通販でポイント2重どりが出来てお得です。
ハピタスのポイントも100円に付き1ポイント(1円相当)同時に獲得できます。
さらに、今なら案件達成で2,500円相当のポイントプレゼントキャンペーンも!
登録は無料でポイントはもらえるので、ハピタスのお試しをお勧めします!

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気。
ポイントタウンは、ポイント還元率ナンバーワンだったのですが、還元率が下がっているので、
ハピタスのサブとしてのお勧めです。

節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
女性が一番活躍しているお小遣い稼ぎ
明日のためにできるシンプルなこと
主婦だって、きれいでいたい
しまむらパトロール*しまパト 
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


65歳より前に「特別支給の老齢厚生年金」がもらえるの?

  •  投稿日:2021-07-21
  •  カテゴリ:定年後

年金は、昭和61年の年金制度改正で受給開始年齢が60歳から65歳へ引き上げられました。


段階的に引き上げられたのですが、私の場合は65歳からとなっています。

65歳より前に、60歳から繰り上げて受け取ることもできるのですが、支給額が減ってしまいます。

60歳から繰り上げて受け取ることもできるのですが、支給額が減ってしまいます。

さらに、年下の妻がいる場合は「配偶者加給年金」があるので繰り上げ受給は要注意とのこと。

「配偶者加給年金」は、年上の夫が会社員として働き、年下の妻は専業主婦として過ごしてきた場合、夫の老齢厚生年金に加算されるものです。

具体的には、年上の会社員の夫に20年以上の厚生年金加入期間があり、一方、年下の妻の厚生年金加入期間が20年未満である場合、夫の老齢厚生年金に配偶者加給年金が加算されるのです。

加算される期間は、原則、夫が65歳になってから妻が65歳になるまで。

なので、私の場合は加算期間が長くなります

今回は、このときの年金制度改正でできた「特別支給の老齢厚生年金」の内容について説明します。

配偶者加給年金の金額は年間39万900円(2020年度、特別加算額込み)で月額換算では3万2575円となります。

一回りの差があれば144月分が加算されることになります。

これも、夫が年金生活になると、妻は国民年金保険料の支払いが必要となり注意がと出ていましたが、雇用延長で70歳まで働き、妻が「国民年金第2号被保険者の被扶養配偶者」とでいられれば問題ないという事。

調べながら書いているので、間違えていたらごめんなさいです。

これで、さらにわからないのが「特別支給の老齢厚生年金」です。

この様な記事を見付け期待して見たのですが!

65歳より前に年金請求書が届いた場合、「特別支給の老齢厚生年金」がもらえるってホント?

この「特別支給の老齢厚生年金」を受給できる対象者は、

男性の場合昭和36年4月1日以前、女性の場合は昭和41年4月1日以前に生まれた方
老齢基礎年金の受給資格期間が10年以上あること
厚生年金保険に1年以上加入していたこと
60歳以上であること

なので私は対象外です。

定年に向けて年金制度などはわからないことが多すぎ!

私が勤めている会社でも、50代になった社員向けの説明会や研修などがありましたが、それは定年再雇用を希望するかといった選択に向けての説明会。

定年再雇用を希望し、定年までのカウントダウンに入ってしまったら、何の説明もありません。

学校を卒業し、新卒正社員として入社された方たちは、それなりの退職金がもらえるので老後生活も問題ないかと思います。

私の場合は、転職を繰り返し、今の会社に入ったのは20代後半。

さらに、正社員になれたのは30代半ばなので退職金に額も少ないです。

無いよりはましですが。

それなので、娘には新卒正社員で大手企業にと話をしていますが、女の子なのでうざい話と聞いてくれません。

大手企業なら、産休だけではなく、育児期間中は定時に帰れる職種(年収500万円が上限)などもあり、子供が高校生になったら現場復帰が出来るなど優遇されているのですが。

会社を辞めて、パートとなってしまうとこの様な状況に戻るのは不可能かと思います。

妻の場合も、過去に以前勤めていた会社からパートとしての誘いがあり3年位そこで働きました。

その時の時給は2,500円だったのに、無いと言われていた残業があるなのでやめてしまいました。

残業があれば、その分は収入に結びつくのにです。

妻なりに頑張っていたのですが、この時は老後の生活の事など考えていませんでした。

さらに私の年収が下がるなんて思ってもいませんでした。

疲れて帰ってくる妻は文句ばかり。

それなので、残業があるならやめた方が良いのではと言ってしまった事を後悔しています。

疲れて帰って来たと文句を言う事は変わらなかったので。

マイナポイントは、Suica登録がお得!
ハピタス経由でビュー・スイカカードに申し込めば2,700円相当のポイント、
さらに新規入会キャンペーンで最大7,000ポイントがもらえます。
今ならハピタス新規登録と案件達成で2,500円相当のポイントプレゼントキャンペーンも!

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気!

節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
女性が一番活躍しているお小遣い稼ぎ
明日のためにできるシンプルなこと
主婦だって、きれいでいたい
しまむらパトロール*しまパト 
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


年金がとんでもない事に!何でこれがニュースにならないの?

  •  投稿日:2021-07-18
  •  カテゴリ:定年後

日本国民が、安定した老後生活を送るために必要な年金。


この年金は、年金積立金として年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用しています。

もしこれで損失が出たら、多くの方の老後生活に大打撃となってしまいますよね。

私も、65歳からは年金をあてにしています。

この年金の運用なのですが、7月2日に公開された2020年度の運用実績は驚きです。

なんと37.8兆円の黒字なのです。

年金がとんでもない事に!何でこれがニュースにならないの?

これは凄いと思ったら、2019年度のGPIF運用収益率はマイナス5.2%で、運用額はマイナス8.3兆円。

2020年度は、前年度のマイナス分を補って余りあるリターンを稼ぎ出せたとのことでした。

これがマイナスだったら、悲惨な事になっていたかと思います。

GPIFは「100年先を見据えた超長期投資家」とのこと。

現状はプラスになっていますが、これが私たちの老後生活を支える年金の実態です。

100年先をと言っていますが、今回の新型コロナウイルス問題など、なにが起きるか分からない世の中。

そう思うと、この年金運用もヒジョ~に不安です。

2020年度業務概況書

マイナポイントは、Suica登録がお得!
ハピタス経由でビュー・スイカカードに申し込めば2,700円相当のポイント、
さらに新規入会キャンペーンで最大7,000ポイントがもらえます。
今ならハピタス新規登録と案件達成で2,500円相当のポイントプレゼントキャンペーンも!

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気!

節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
女性が一番活躍しているお小遣い稼ぎ
明日のためにできるシンプルなこと
主婦だって、きれいでいたい
しまむらパトロール*しまパト 
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます