家庭菜園のカテゴリ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



カテゴリ:家庭菜園

家庭菜園のカテゴリ記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2022-10-02家庭菜園
50歳になった時は、年を取って衰えたなどと感じることはありませんでした。それが、もうすぐ60歳。60歳になると、体力の低下が実感できるというか、以前のようにやりたい事が出来ない状況になっています。これは、年齢による体力の低下だけではなく、コロナウイルス問題で在宅勤務になったりなど、運動量が減ってしまったことも影響しているかと思います。我が家は、屋上でイチゴ栽培をしていました。8月の猛暑時期に植え替えの準...

記事を読む

2022-08-09家庭菜園
農薬を使うこともなく、確実に雑草をなくす方法は要注意、効果ありすぎです。我が家はワンコを買っているので、除草駆除に農薬を使うことには抵抗があります。それなので、ネットで調べて、農薬を使わなくても確実に除草駆除ができる方法を行ったら効果ありすぎ。これは、雑草が生えているとことに、熱湯をかける方法です。このように、芝生がアスファルトに生えてしまい汚い状況だったのかすべて枯れました。この枯れたものは、時...

記事を読む

2022-05-11家庭菜園
ゴールデンウイークは、毎年イチゴの収穫時期です。以前は、毎日ザルいっぱいのイチゴを何度も収穫できたのに今年は不作。一回の収穫で取りきれてしまった感じ。赤くなっていないイチゴもあるので、後2回くらいは収獲できそうですが、花は咲いていないのでこれで終わりかと思います。以前はこの3倍位の収穫がありました。今回は、冬の時期に土に黒いビニールをかけるなどマルチングを行ったのですが、家庭菜園では意味なかった感じ...

記事を読む

2021-10-08家庭菜園
過去10年以上やっているのに、これは初めてです。今年は異常気象だったのか、イチゴの株が育っていません。家庭菜園で、唯一イチゴを栽培しています。イチゴは基本的にすべて再利用。イチゴは、植えたままでも問題ない(親株の再利用)のですが、翌年は収穫量が落ちます。なので、ランナーを根付かせ植え替えた方が収穫量が多くなるとのことで、毎年植え替えています。屋上で栽培しているので、夏の猛暑で子株が枯れてしまうので、...

記事を読む

2021-08-03家庭菜園
毎年、この状況を乗り越えていたのですが、今年は例年以上に最悪な状況です。イチゴの葉は枯れてしまい、猛暑のあとの長雨で、土にも苔が異常発生。ランナーを切り離し避難させているのですが、猛暑なので枯れてしまいます。切り離なさずに、ポットに植え付けた株は何とか育っている感じ。毎年、60㎝のプランターに5株植え付けており、プランターは22個あるので、110株の確保が必要。イチゴの新苗にするランナーは、親株から2つか3...

記事を読む

やりたい事が出来ない!60歳の壁は大きいです!

50歳になった時は、年を取って衰えたなどと感じることはありませんでした。


それが、もうすぐ60歳。

60歳になると、体力の低下が実感できるというか、以前のようにやりたい事が出来ない状況になっています。

これは、年齢による体力の低下だけではなく、コロナウイルス問題で在宅勤務になったりなど、運動量が減ってしまったことも影響しているかと思います。

我が家は、屋上でイチゴ栽培をしていました。

8月の猛暑時期に植え替えの準備がスタート。

古い土をふるいにかけ、黒いビニール袋に入れて熱消毒。

これを行えば、虫や雑草の種なども無くなり、土を再利用できます。

翌年用のイチゴは、ランナーを切って株分け。

これを10年以上続けてきましたが、今年は出来ませんでした。

猛暑の中での作業ができませんでした。

それなので、屋上はいまだにこの状況。

やりたい事が出来ない!60歳の壁は大きいです!

娘も成人しているので、以前のように屋上で取れたイチゴを喜んで食べることも無くなっています。

それなので、イチゴ栽培はやめようかと思っています。

涼しくなったら、土なども少しずつ処分していく予定です。







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ


簡単で確実な雑草は要注意、効果ありすぎです!

農薬を使うこともなく、確実に雑草をなくす方法は要注意、効果ありすぎです。


我が家はワンコを買っているので、除草駆除に農薬を使うことには抵抗があります。

それなので、ネットで調べて、農薬を使わなくても確実に除草駆除ができる方法を行ったら効果ありすぎ。

これは、雑草が生えているとことに、熱湯をかける方法です。

簡単で確実な雑草は要注意、効果ありすぎです!

このように、芝生がアスファルトに生えてしまい汚い状況だったのかすべて枯れました。

この枯れたものは、時間がたてば消えてなくなるかと思います。

ですが、熱湯をかける場合でも、部分的にかけるのは難しく、枯れてほしくない場所にかかってしまいました。

簡単で確実な雑草は要注意、効果ありすぎです!2

すぐに水をかけたのですがダメでした。

熱湯がかかった場所は枯れてしまいました。

簡単で確実な雑草は要注意、効果ありすぎです!3

芝生なので、すぐに回復するかと思います。

害がない枯葉剤を試しても効果はありませんでした。

これが、熱湯なら害もなく確実に雑草をなくすことができます。

これは節約生活にとっての知恵ですね。








●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


今年は不作、手間をかけたのに何で?

ゴールデンウイークは、毎年イチゴの収穫時期です。


以前は、毎日ザルいっぱいのイチゴを何度も収穫できたのに今年は不作。

一回の収穫で取りきれてしまった感じ。

今年は不作、手間をかけたのに?3

赤くなっていないイチゴもあるので、後2回くらいは収獲できそうですが、花は咲いていないのでこれで終わりかと思います。

今年は不作、手間をかけたのに?2

以前はこの3倍位の収穫がありました。

今年は不作、手間をかけたのに?


今回は、冬の時期に土に黒いビニールをかけるなどマルチングを行ったのですが、家庭菜園では意味なかった感じです。

苗も、ランナーから生えるものだけではなく、新規購入したのですがその差もありません。

イチゴの家庭菜園にお金をかける気はなく、毎年当た新しいランナーへと植え替えはやっていますが土は熱消毒などの手間はかけていますが再利用です。

新しく購入した新株は土も新規購入したもの。

その差は無いので、問題は土だけではないかと思います。

手間が掛からなく、毎日ザルいっぱいのイチゴを何度も収穫でくるのでと続けていたイチゴ栽培。

1年かけてこの量では意味なしかと思いました。

方法を考えるのか、やめてしまった方が良いのか悩みます。








●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


なんで思うように育ってくれないの、これは異常です!

過去10年以上やっているのに、これは初めてです。


今年は異常気象だったのか、イチゴの株が育っていません。

家庭菜園で、唯一イチゴを栽培しています。

イチゴは基本的にすべて再利用。

イチゴは、植えたままでも問題ない(親株の再利用)のですが、翌年は収穫量が落ちます。

なので、ランナーを根付かせ植え替えた方が収穫量が多くなるとのことで、毎年植え替えています。

屋上で栽培しているので、夏の猛暑で子株が枯れてしまうので、親株から避難させています。

土も買えた方が良いのですが、黒いビニール袋に入れれ熱消毒を行い再利用しています。

これを毎年行っているのですが、今年は避難させていた子株が成長していません。

それ以前に、ランナーも少なかった感じです。

初期に避難させていた子株は順調に育っています。

家庭菜園で、唯一イチゴを栽培しています。1

小さい子株も植え替えたのですが、数が足りません。

家庭菜園で、唯一イチゴを栽培しています。2

残っている子株もありますが、これは小さすぎ。

家庭菜園で、唯一イチゴを栽培しています。3

それなので、新しく5株買って来ました。

家庭菜園で、唯一イチゴを栽培しています。4

これから冬になるまでに、まだランナーが伸びてきます。

これで、あと20株位増やせれば定量になるので、、新たに買ってきた株からランナーが伸びてくれるのを期待します。

イチゴの家庭栽培は、60㎝のプランターに5株植えています。

イチゴの育て方を見ると、60㎝のプランターなら3株とのことですが、実は多少小さくてもこの方が収穫量が多いいのでこれを繰り返しています。

家庭菜園のイチゴなら、見た目の悪い物でもジュースにするなど出来るので問題ありません。

今が植え付け時期なので、ホームセンターなどに行けば一株200円程度で売られています。

イチゴは、鉢植えでも問題なく収穫できるのでマンションにお住まいの方にもおススメです。









●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


この状況で持ちこたえられるのか!

毎年、この状況を乗り越えていたのですが、今年は例年以上に最悪な状況です。


イチゴの葉は枯れてしまい、猛暑のあとの長雨で、土にも苔が異常発生。

イチゴの葉は枯れて。

ランナーを切り離し避難させているのですが、猛暑なので枯れてしまいます。

イチゴの葉は枯れてしまい。

切り離なさずに、ポットに植え付けた株は何とか育っている感じ。

毎年、60㎝のプランターに5株植え付けており、プランターは22個あるので、110株の確保が必要。

イチゴの新苗にするランナーは、親株から2つか3つ離れた子株。

1つめの子株と4つめ以降の子株は新苗には不向きと言われています。

今、避難させていたり、切り離なさずに、ポットに植え付けている株は2つか3つ目。

これを植え付ければ、数の確保は出来るのですが4つめ以降の子株となってしまいます。

気にすることはないかと思いますが。

今年の収穫の例だと、昨年株の確保が出来ずに、10株ほど新規購入。

新しく買った株の方が大きな実がなったかと思います。

ですが、我が家の場合は大きさより量で、多少実が小さくても数があれば十分。

黒いビニール袋に入れての熱消毒

本来なら、土も新しいものに変えるべきなのですが、黒いビニール袋に入れての熱消毒。

その後、乾燥させてして再利用しています。

黒いビニール袋に入れての熱消毒2

お金をかけずに、再利用で毎年収穫をと思いやっているので。

毎年書いていますが、この様な育て方でも、毎年5月には十分な量の収穫があります。










●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます