クレジットカードのカテゴリ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



カテゴリ:クレジットカード

クレジットカードのカテゴリ記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2020-07-04クレジットカード
JALカードの、「つかうほど当選確率アップ!JALカードご利用キャンペーン」に当選しました!期間中にキャンペーンに参加登録(希望特典の選択)し、JALカードを合計50,000円(税込)以上利用された方に、抽選でマイルまたはAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンです。プレゼントされる商品は、A賞として、JAL 2,020マイルが100名様。B賞として、Amazonギフト券 4,000円分が100名様。このB賞、Amazonギフト券 4,000円分が...

記事を読む

2019-09-30クレジットカード
経済産業省は、「キャッシュレス・ポイント還元事業」を始めます。この「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、中小・小規模事業者が営む飲食店・小売店・サービス事業者などで、消費者がキャッシュレスで支払った場合のポイント還元を国が支援するものです。2020年6月30日までの期間限定で、対象店舗の規模等により、2%か5%が還元されます。2%の増税で、最大5%が還元されるとの事2020年6月30日までの期間限定ですが、詳細は...

記事を読む

2018-09-30クレジットカード
過去、アメリカン・エキスプレスが発行する最上位のブラックカード「センチュリオン・カード」を持っていました。当時の年会費は160,000円(税別)。この価格でも、十分元は取れる内容。シェラトンなどのホテルに宿泊すると、最安価格の部屋を予約しても、寝室とリビングが別の部屋にアップグレードされるのです。1泊1万円台の最安値の部屋を予約しても、8万円位価格の部屋にアップグレード。双子の幼児との旅行には、寝室とリビン...

記事を読む

2017-10-19クレジットカード
想定外の高額請求で後悔していたら想定外のポイント還元、これは失敗ではなかったです!カメラのレンズを買おうと思っていた時でした。これは、9月に開催されていた楽天スーパーセールでの買い回り。カメラのレンズが金利0円だったので10回払いで購入。さらに10店舗以上で買周りをすれば、最大10%のポイント還元との事だったので、このレンズ購入分を含めると、10%のポイント還元はお得だと思い、いろいろ買ってしまいました。当...

記事を読む

2017-10-01クレジットカード
節約効果で、多少の貯金ができたので気が緩んでしまいました。メインで使っているクレジットカードは、JAL・JCBカード。毎月の利用額は30万円ほど。これは、電気代やガス代、携帯電話や家の電話、ネット料金などカードで支払えるものはすべてカード払いにしているからです。コンビニやドラッグストアは、カードで支払えるQUICPay。それなので、月に使う現金は1万円以下。今回のJAL・JCBカードからの請求は、22万円と過去最高の節約...

記事を読む

当たった!抽選で100名に当たるキャンペーン!

JALカードの、「つかうほど当選確率アップ!JALカードご利用キャンペーン」に当選しました!


期間中にキャンペーンに参加登録(希望特典の選択)し、JALカードを合計50,000円(税込)以上利用された方に、抽選でマイルまたはAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンです。

プレゼントされる商品は、
A賞として、JAL 2,020マイルが100名様。
B賞として、Amazonギフト券 4,000円分が100名様。

JALカードの、「つかうほど当選確率アップ!JALカードご利用キャンペーン」

このB賞、Amazonギフト券 4,000円分が送られてきたのです。

JALカードの、「つかうほど当選確率アップ!JALカードご利用キャンペーン」に当選しました!

Amazonギフト券なので、ギフト券番号が書かれているプリントのみ。

この当選は、嬉しいです。

Amazonのページで、ギフト券番号を入力、4,000円がチャージされました。

Amazonギフト券


私はJALカードをメインカードとして使っています。

電気・ガス・電話などの引き落としもすべてJALカード。

イオン系列のお店を使う場合は、JMB WAONカード。

55歳以上限定の、JMB G.G WAONカードなので、通常のJMB WAONカードよりお得です。

コンビニなどを利用する際は、JALカードと紐付けのUICPayを使っています。

この状況なので、現金は自販機の利用くらいで、生活費の全てがクレジットカードでの支払いとなっています。

節約生活なら、全てのに支払いを1枚のクレジットカードに集約するのがお勧め。

カード利用50,000円以上が対象のキャンペーンも、1枚のクレジットカードに集約していれば楽勝で対象になります。

今回当たったキャンペーンは、利用したカテゴリ数に応じて最大6倍まで当選確率がアップするキャンペーンでした。

コンビニエンスストア・飲食店(ファミリーレストランなど)・スーパー・ドラッグストア・ネットショッピング・公共料金の利用で、最大6倍まで当選確率がアップします。

これら全てをクリアしていたので、当選確率は6倍だったのです。

ですが、このカードの見直しをしなければと考えています。

ゴールドカードなので、年会費17,600円、家族カード8,800円。

これをワンランク下のCLUB-Aカードに変えれば、年会費11,000円、家族カード3,850円と、大幅に節約可能。

さらに、普通カードにすれば、年会費2,200円、家族カード1,100円まで下がります。

マイルを貯めて旅行になんて考えなければ、年会費無料のカードに集約することもありかと。

カードの選別は、定年までの課題です。



遂に始まった、政府のキャッシュレス・ポイント還元、現金での支払いは損する時代に!

経済産業省は、「キャッシュレス・ポイント還元事業」を始めます。


この「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、中小・小規模事業者が営む飲食店・小売店・サービス事業者などで、消費者がキャッシュレスで支払った場合のポイント還元を国が支援するものです。

2020年6月30日までの期間限定で、対象店舗の規模等により、2%か5%が還元されます。

遂に始まった、政府のキャッシュレス・ポイント還元、現金での支払いは損する時代に!

2%の増税で、最大5%が還元されるとの事

2020年6月30日までの期間限定ですが、詳細は意味不明。

キャッシュレス決済に対応できるシステムを導入し、経済産業省に申請し登録された店舗が対象で、一般の中小店舗では5%、コンビニエンスストアや大手のフランチャイズチェーンに加盟している中小店舗は2%。

還元されるポイントは、カード会社のポイントです。

カードの支払いで、2%のポイントが還元されれば、増税の影響はありません。

逆に、5%のポイントが還元されるのなら、増税後に商品を購入した方がお得と言う複雑なシステム。

楽天カードの例が紹介されていましたが、楽天カード基本還元率は1%。

5%還元されるお店で利用すれば、6%の楽天スーパーポイントの還元です。

娘二人が大学生なので、定期券代は高額す。

この定期を増税前に購入するか悩みました。

2人分なので10万円越えの出費なので、この「キャッシュレス・ポイント還元事業」を調べたのですが、あまりに複雑で分かりにくいです。

私が持っているVIEWカードはJCBカードなのですが、会員番号が「358」から始まるJCBクレジットカードなので対象外?

定期券の購入はVIEWカードの方が還元率が良かったのですが、これは対象外なら増税前の定期券購入の方がお得という事?

娘二人の定期券代なので、10万円越えの出費。

10万円の2%なら2,000円と、これは大きいです。

今回の「キャッシュレス・ポイント還元事業」は分からないことだらけ?

経済産業省は、キャッシュレス・ポイント還元事業の登録店舗数や、対応するカードなどの情報を公表しています。

キャッシュレス・ポイント還元事業の10月1日から参加する登録店舗数を公表しました

国が始めた制度なのに、対応しているクレジットカードが制度に応募たカードだけとは分かりにく混乱してrしまいますよね。

ポイント還元事業 主要なキャッシュレス決済サービスとして公表されていたのは以下の決算です。

クレジットカード
イオンカード オリコカード セゾンカード JCBカード ジャックスカード TS CUBIC CARD MUFGカード DCカード NICOSカード 三井住友VISAカード 三井住友マスターカード UCカード 楽天カード アメリカン・エキスプレス・カード

電子マネー/プリペイドカード (交通系)
PASMO Suica manaca ICOCA

電子マネー/プリペイドカード (交通系以外)
nanaco WAON 楽天Edy

QRコード
LINE Pay PayPay Origami Pay 楽天ペイメント メルペイ au PAY J-Coin Pay

このように、一部のカードのみがポイント還元となっているのはおかしいですよね。

対象のカードで支払わないと損するのです。

この機会にカードを作ろうと思っている方は、年会費が無料なだけではなく、入会特典などがあるカードがお勧めです。







さらに!

楽天での商品購入を例にすると、そのまま楽天で購入するのではなく、ハピタス経由で購入すれば、ハピタスでポイント1%が還元されます。

楽天での商品購入なので、楽天ポイントも獲得出でき、カードでの支払いでポイントと、ポイントが3重に貯まります。

これを知らないと損してしまう時代です。

ハピタスだけではなく、ポイントタウンや、モッピーもお勧め

これを知らないだけで、年間数万円の差が出ます。

これを知らなかった方が、ネット通販の前にこれらのサイト経由で買い物をすれば、通販の場合は増税分は回収できるかと思います。

今はネットの時代、知らない人が損する事は多数ありますが、政府の制度までがこの状況とは驚きです。



 カテゴリ
 タグ
None


サラリーマンの私が、なんで最上級のブラックカードを持てたのかが分かりました!

過去、アメリカン・エキスプレスが発行する最上位のブラックカード「センチュリオン・カード」を持っていました。


当時の年会費は160,000円(税別)。

この価格でも、十分元は取れる内容。

シェラトンなどのホテルに宿泊すると、最安価格の部屋を予約しても、寝室とリビングが別の部屋にアップグレードされるのです。

1泊1万円台の最安値の部屋を予約しても、8万円位価格の部屋にアップグレード。

双子の幼児との旅行には、寝室とリビングが別の部屋は最適でした。

また、海外旅行の場合も、航空会社のビジネスクラスラウンジが利用でき、子供を遊ばせるスペースもあり飲食(ビールなどのアルコールも)も無料。

サラリーマンの私が、なんで最上級のブラックカードを持てたのかが分かりました!

その年会費が350,000円(税別)に値上げされたので解約しました。

その後、さらに年会費は値上され、今は入会金100万円も必要となり、年会費は50万円です。

現在、アメックスセンチュリオンの会員は日本で3,000人と噂されています。

なんで私が、この「センチュリオン・カード」会員になれたのか?

これはこのカードを日本に導入する際の基準が、カードの利用が12年以上でプラチナカードを使っている方。

利用金額だけではなく、利用略歴などの判断だったようです。

それで、最低限の会員数を満たしその後は年会費値上げなどで振るいがけ。

私のような年収の低いサラリーマンは退会し、今は入会金100万円、年会費は50万円のカードとして成り立っています。

このカード会員になりたく、年間数千万円の利用がる方でも、今はインビテーションが届かないとの事で今は、幻のカードとなっています。

私がこのカードを持っていた時の感想は、日本ではブラックカードなどを意識している方はいなく何も変わりません。

今は、さらに上級なアメックス・センチュリオン・スパレイティブ・カード「SUPERLATIVE CARD」があるそうです。

アメックスセンチュリオンスパレイティブカードの入会金は200万円で、年会費は100万円。

アメックス・センチュリオン・スパレイティブ・カードは、カード表面にダイヤモンドが散りばめられているとの事。

フェラーリなどの高級車を買いに来る方は、以前とは変わり、ネットで高収入を得た若い方が増えているとの事で、この様な方は車好きではなく単なるステータスの為のフェラーリ購入。

アメックスのブラックカードは、この様な方をターゲットに、年会費やサービスが改定されているのではと思います。

昔の話ですが、銀座のお店で、1本1,000円で全く売れなかったネクタイの価格を、5,000円に値上げしたら売れるようになったとの話があります。

この様なカードの場合は、年会費が高ければ高いほど自慢になるので、この様な状況になってしまったのでしょうね。



これは失敗ではなかった、想定外の高ポイント還元に驚き!

想定外の高額請求で後悔していたら想定外のポイント還元、これは失敗ではなかったです!


カメラのレンズを買おうと思っていた時でした。

これは、9月に開催されていた楽天スーパーセールでの買い回り。

カメラのレンズが金利0円だったので10回払いで購入。

さらに10店舗以上で買周りをすれば、最大10%のポイント還元との事だったので、このレンズ購入分を含めると、10%のポイント還元はお得だと思い、いろいろ買ってしまいました。

当初の予定では、買い回りは1,000円以上が対象なので、本やインク、SDカード、電池などの消耗品をギリギリ1,000円程度の価格で購入して10店舗以上の買周りを達成しようと思っていました。

ところが、購入したことを忘れてしまったり、予定より高額なものを買ってしまったりで、当初の予定のカード利用1万円が、3万円近く使っていたのです。

10回払いのレンズと合わせると6万円越え。


それが報われました。

この買周りでもらえる最大10%のポイント還元は、カード利用や店舗利用で通常もらえるポイントとは別に、最大10%のポイントが還元される仕組みだったのですね。

それなので、カード利用や店舗利用でもらえるポイントと合わせると15%程度のポイント還元率。

想定外の高額請求で後悔していたら想定外のポイント還元、これは失敗ではなかったです2

今回買周りで加算されたポイントは6,570ポイントなので。

それ以外の通常ポイントと合わせると16,000ポイント越えになりました。

想定外の高額請求で後悔していたら想定外のポイント還元、これは失敗ではなかったです!

このポイントを有効活用しようと調べたら、こんな商品がありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

B387 【ふるさと納税】金麦(第三のビール)350ml×2ケース(48本)
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/10/16時点)


【ふるさと納税】金麦(第三のビール)350ml×2ケース(48本)です。



【ふるさと納税】キリン氷結(シチリア産レモン&グレープフルーツ) 350ml×各1ケース(48本)もありました。

350ml×2ケース(48本)なら、一本100円として4,800円。

今は100では買えないですが。

これが10,000円では高過ぎと思われるかもしれませんが、これは商品を購入するのではなく【ふるさと納税】の返礼品です。

【ふるさと納税】は、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です。

これを勘違いするととんでもないことになります。

寄附額が大きいと、高額商品をもらえるのですが、所得税と住民税からの控除なので限度があります。

年収500万円、配偶者アリ、子供二人で計算すると、寄付金の上限額は32,390円。

これが年収1,000万円になると、上限額144,000円です。

この上限を調べてから申し込まないと損をしてしまいます。

それなので、高額商品ではなく、このような商品がお勧め。

これが10,000円の支払いで、その分が控除されれば2,000円で購入できるのですから。

この【ふるさと納税】がお得だとはわかっていたのですが利用できていません。

ですがこれはもったいない事なので、今年はこの【ふるさと納税】を利用したいと思っています。

 カテゴリ
 タグ
None


またやってしまいました!楽天カードの請求が想定外の高額!

節約効果で、多少の貯金ができたので気が緩んでしまいました。


メインで使っているクレジットカードは、JAL・JCBカード。

毎月の利用額は30万円ほど。

これは、電気代やガス代、携帯電話や家の電話、ネット料金などカードで支払えるものはすべてカード払いにしているからです。

コンビニやドラッグストアは、カードで支払えるQUICPay。

それなので、月に使う現金は1万円以下。

今回のJAL・JCBカードからの請求は、22万円と過去最高の節約効果。

海外旅行に行っているので、請求は多いかと思われるでしょうが台湾ではお金を使うことがなく大きな節約効果となりました。

前月の請求は37万円と、旅行の準備などで出費は多かったですが。

ところが、見落としていたのが楽天カード。
またやってしまいました!楽天カードの請求が想定外の高額!

楽天カードは年会費無料。

楽天での商品購入の際には通常より多くポイントがもらえるので、楽天での商品購入だけに使っています。

まだ楽天カードを持っていない方は、カード発行だけでもれなく楽天で使えるポイントがもらえるのでお得。

私の場合は家族カードの同時に申し込んでしまい失敗しました。

別に申し込めば、各申し込みごとに入会でポイントがもらえたので。




その楽天カードでの利用額など詳細をチェックしていなかったのが原因。

利用明細の写真をアップしようかと思ったのですが、ストーカーのような方がいるので個人情報が洩れそうなもののアップは控えます。

50代のおっさんの事を調べて、何が楽しいのかが不思議です。

この楽天カードの利用額が、予想外の高額となっていました!

半分は利用したことを覚えていない状態。

これは、楽天スーパーセールでの買い回りが原因です。

10店舗以上で買周りをすれば、最大10%のポイント還元。

それなので、買わずに我慢していた商品などを買ってしまい、その請求額を忘れまた商品購入でこのような結果に。

日々使っているJAL・JCBカードは、スマホで毎日の利用額が確認できます。

それなので、想定外の使いすぎは回避できるのですが、楽天カードはチェックしていなかったので買いすぎてしまいました。

これがあるので、カード払いは要注意ですね。



Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます