この正月休みは12連休と、過去にない長期休日でした。


とある問題(政治的な問題)で、私が担当している仕事の新規受注が出来なくなっていたからです。

この問題は昨年末に解消し、9日からまた仕事が始まります。

そう思っていたら、5日は休みを取っているのにメールや電話も多く在宅勤務と変わらない状況でした。

新年早々仕事があり、忙しい事は嬉しい事です。

再雇用社員なので基本給は安く、残業手当が付かないと生活できない状況なので。

昨年、再雇用社員となりましたが、夏のボーナスや決算賞与は正社員時代の上積みがあり予想していたほど年収は下がっていませんでした。

今年からはそれらも無くなり、本格的な定年再雇用生活が始まります。

残業が無ければ、手取り額は16万円程度になってしまうので生活できない金額です。

この状況なので、新年早々忙しくなりそうは状況はありがたいです。

残業も、昨年厚生労働省から過労働問題を指摘され、残業が規模しく管理されるようになってしまいました。

過労働問題を指摘され、残業が規模しく管理されるようになってしまいました。

過去、メールなどがない時代は些細な事でも会社で作業する必要がありました。

ですが、コロナウイルス問題の影響で在宅勤務が可能となり深夜まで会社で作業する必要なありません。

確かに過労働は問題ですが、実態を把握していない役人が単に数字だけで解決しようとしている状況です。

これなので、運送業や建築業でも大問題となっています。

私の場合は、夜の仕事は在宅勤務。

メールのやり取りや電話だけなので23時まで仕事が長引いても過労働という状態ではありません。

それなのに、22時以降の作業は事前報告や上司の承認が必要となり、実質22時以降は残業するなという状態です。

私の場合は、残業手当が満額支給されるので単なる嫌がらせとしか思えません。

22時以降にメールや電話が来たら対応しなければならないので。

これはまた、サービス残業を促進しているとしか思えない状況です。

ハピタスは、1月31日まで最大3,000pt(3,000円相当)がもらえる紹介キャンペーンを開催!
ハピタス経由での買い物なら、2重にポイントが貯まるので超お得です!!
ハピタスは、1月31日まで最大3,000pt(3,000円相当)がもらえる紹介キャンペーンを開催!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

応援クリックしていただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

 カテゴリ
 タグ