年金のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:年金

年金のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2021-07-15定年後
2019年に、話題になった「老後2,000万円問題」、これは金融庁の報告書が誤って広がったのが原因です。その報告書は、2017年に行われた調査の結果で、夫65歳、妻60歳で無職の夫婦が、夫95歳、妻90歳(30年後)まで年金だけ生活した場合、家計収支が毎月5.5万円の赤字になるとの計算で、「月5.5万円×12ヵ月×30年=1,980万円」、30年で2,000万円の不足と算出されました。なので、老後生活に備え、2,000万円の預金が無くても月5.5万円...

記事を読む

2021-03-14定年後
年金は65歳からかと思っていました。同級生が、俺は60歳から年金をもらうと言っていたのですが?これを調べると、繰り上げ受給で年金は60歳からもらえるのです。年金がもらえるのは、60歳から65歳へと引き上げられましたが、60歳から70歳の間ならいつでも受け取ることができます。65歳未満は繰り上げ受給、66歳以降は繰り下げ受給となっています。60歳から年金をもらと、65歳からもらえる金額の30%減額です。ですが、5年早く約年...

記事を読む

2020-06-02生活
公的・私的年金の改正法案が、5月29日の国会で成立しました。公的年金の繰り下げや、私的年金での個人型確定拠出年金(イデコ)拡充などです。今は新型コロナウイルス問題で大変な時期なので、ニュースでも大きくは触れられていませんでした。公的年金の受給の繰り下げ・繰り上げは、現在70歳まで受給開始を繰り下げられますが、それが2022年4月以降、75歳まで繰り下げられるようになります。1カ月繰り下げるごとに0.7%増額(現行...

記事を読む

2020-01-25生活
家族に節約するように言っても、だったらお酒をやめれば、タバコをやめればと私の悪気ちばかり。これらは、定年までの楽しみと言った感じ。定年再雇用になると、ほとんどの方がタバコをやめています。なので、私も定年再雇用になるまでかと思っています。定年再雇用になると、諸税などが引かれた手取りは20万円以下になってしまいます。電気代が約35,000円、ガス代が約20,000円、水道代が2ヵ月ごとの請求で約32,000円(月約16,000円...

記事を読む

2019-09-08定年後
雇用延長で65歳まで働く時代となったのですが、またもや分からないことだらけ。私の場合は、定年延長ではなく雇用延長。会社を60歳で定年退職し、65歳までは再雇用となります。これでふと思ったのは、失業保険(正式には雇用保険)の事。失業保険(雇用保険)の事を調べてみると、65歳からでももらえる失業保険があるのですね。高年齢求職者給付金という一時金だそうです。この一時金は、最高で50日分。雇用延長で、失業保険の仕組...

記事を読む

老後のマイナス2,000万円問題は、70歳まで働けば解消できるのか?

  •  投稿日:2021-07-15
  •  カテゴリ:定年後

2019年に、話題になった「老後2,000万円問題」、これは金融庁の報告書が誤って広がったのが原因です。


その報告書は、2017年に行われた調査の結果で、夫65歳、妻60歳で無職の夫婦が、夫95歳、妻90歳(30年後)まで年金だけ生活した場合、家計収支が毎月5.5万円の赤字になるとの計算で、「月5.5万円×12ヵ月×30年=1,980万円」、30年で2,000万円の不足と算出されました。

なので、老後生活に備え、2,000万円の預金が無くても月5.5万円の収入があれば問題ないとの報告書でもあると思います。

さらに、2020年に行われた家計調査の結果には驚きです。

老後のマイナス2,000万円問題は、70歳まで働けば解消できるのか?

同様の調査なのですが、2017年の月マイナス5.5万円が、月マイナス1,500円になっているのです。

差額が毎月1,500円なら、30年間でも55万円のマイナス。

これは、新型コロナウイルス問題も影響しているとのこと。

2020年は、新型コロナウイルス問題で1人10万円の給付金が会った事と、旅費や食費などの支出を減らした世帯が多かったという特殊要因があるからです。

10万円の給付金が今後はもらえないとして計算しても、夫婦で20万円×30年間なので600万円。

月のマイナス1,500円、30年間で55万円のマイナスと合わせても655万円と、2,000万円とは大ききくかけ離れています。

家計調査報告(家計収支編)2020年(令和2年)平均結果の概要

これを見ると、老後も最低限の暮らしは出来そうな感じ。

ですが、我が家の場合は水道代が平均35,000円(2ヵ月ごと)や、電気代などが高額なので、年金だけで暮らすことは不可能かと思います。

それでも、65歳から70歳まで月5万円以上を稼げれば、暮らしは成り立つのではないかと思いました。

問題なのは、定年再雇用となる60歳から65歳までですね。







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


年金は60歳から、この繰り上げ受給の損益分岐点は何歳?

  •  投稿日:2021-03-14
  •  カテゴリ:定年後

年金は65歳からかと思っていました。


同級生が、俺は60歳から年金をもらうと言っていたのですが?

これを調べると、繰り上げ受給で年金は60歳からもらえるのです。

年金がもらえるのは、60歳から65歳へと引き上げられましたが、60歳から70歳の間ならいつでも受け取ることができます。

年金は60歳から、この繰り上げ受給の損益分岐点は何歳?

65歳未満は繰り上げ受給、66歳以降は繰り下げ受給となっています。

60歳から年金をもらと、65歳からもらえる金額の30%減額です。

ですが、5年早く約年金がもらえるのなら30%減額でもお得な気がしたので調べて見ました。

その分岐点は76歳との事です。

65歳からの年金受給額が180万円で計算すると、60歳で繰り上げ受給をすれば30%引かれて126万円。

90歳まで生きたとすると、30年間で総額3,780万円です。

これが65歳からだと、総額は4,500万円になります。

その差額は720万円。

損益分岐点は76歳との事。

私の父が死んだのは72歳。

私も70歳までは生きられないかと思うので、繰り上げ受給をした方がお得かと思いました。

定年再雇用などのこともあるので、さらに詳細を調べようと思っています。







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ


年金改革法が成立、受給繰り下げで84%増が終身はお得?

  •  投稿日:2020-06-02
  •  カテゴリ:生活

公的・私的年金の改正法案が、5月29日の国会で成立しました。


公的年金の繰り下げや、私的年金での個人型確定拠出年金(イデコ)拡充などです。

今は新型コロナウイルス問題で大変な時期なので、ニュースでも大きくは触れられていませんでした。

公的年金の受給の繰り下げ・繰り上げは、現在70歳まで受給開始を繰り下げられますが、それが2022年4月以降、75歳まで繰り下げられるようになります。

1カ月繰り下げるごとに0.7%増額(現行)で、70歳まで繰り下げると42%増額となります。

これを75歳まで繰り下げると84%に増え、その金額が金額が終身で続くのです。

年金改革法が成立、受給繰り下げで84%増が終身はお得?

これを計算すると、繰り下げ期間中もらえなかった金額を受給開始後の増額で取り戻せる年齢は受給開始後12年弱。

70歳受給開始なら、82歳弱まで生きられればお得。

75歳受給開始なら、87歳弱まで生きられればお得と言う計算です。

1960年生まれで65歳に達した人が90歳まで生きる確率は男性38%、女性64%。

これを見ると、男性の繰り下げはあり得ないかと思うのですが、旦那が死んで保険金などで余裕のできた奥さんは、繰り下げも選択肢の一つですね。

私的年金は、イデコへの加入可能年齢が65歳まで延びるとの事。

これは私には無関係なので、詳細は見ていません。

70歳まで繰り下げると42%増額破棄になるのですが、私の回りの人は70代前半で死んでいます。

私の父も72歳でした。

これを思うと、私の場合は70歳まで繰り下げる意味はないかと思いました。

ネット通販を利用するならこちらを注目!
ハピタス経由なら楽天などのポイントとは別にハピタスでポイントがもらえるのでポイント2重どりとお得!
ハピタス経由なら00円に付き1ポイント(1円相当)同時に獲得。
クレジットカード会社でもらえるポイントを合わせれば、ポイント3倍です!


にほんブログ村テーマ 節約でシンプルな生活!へ

知ってる人だけ得する話

健康や保険に関する情報提供ブログ

コストコ☆私のオススメ商品はコレ!!

ワークマン情報♪節約でシンプルな生活!

50代からのファッション

◇家計簿*お金事情*◇

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ


光熱費だけで月7万円越え、この状況では定年後の生活は成り立ちません。

  •  投稿日:2020-01-25
  •  カテゴリ:生活

家族に節約するように言っても、だったらお酒をやめれば、タバコをやめればと私の悪気ちばかり。


これらは、定年までの楽しみと言った感じ。

定年再雇用になると、ほとんどの方がタバコをやめています。

なので、私も定年再雇用になるまでかと思っています。

定年再雇用になると、諸税などが引かれた手取りは20万円以下になってしまいます。

電気代が約35,000円、ガス代が約20,000円、水道代が2ヵ月ごとの請求で約32,000円(月約16,000円)。

光熱費だけで月7万円越え、この状況では定年後の生活は成り立ちません。

光熱費だけで、月7万円越えでは生活が成り立ちません。

電気代は、私の母の問題も。

1Fに自分の部屋があるのに、いつも2Fリビングでテレビを見ています。

自室ではなく広いLDKでエアコン全開。

娘は夜型で、深夜までLDKでエアコン全開。

風呂も、娘は1時間以上入っており、これが二人。

シャワー前回の出しっぱなしかと思われます。

この状況なので、光熱費が月7万円越え。

私に文句を言う前に、これを改善してほしいです。

休日などは、母がリビングにいるので、妻と娘は3Fでテレビを見ています。

この状況を改善して光熱費を節約しなけれなと思っているのですが、妻が反対しています。

母には、リビングでテレビを見ない様にしてほしいのですが、これを言って母の具合が悪くなったら面倒との事。

5年くらい前に母の様子がおかしくなったことがあります。

それを妻が心配して母を病院に連れて行き、鬱との診断。

これは妻のおかげで数か月で直りましたが、この事があるので妻はやりたいようにさせておけばと言っています。

病気になられても困りますが、今の状態も困っています。

年寄り問題は我が家だけではなく、深刻な社会問題だと思います。







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ
 タグ


知らないと損してしまう失業保険、これはおかしいですよね!

  •  投稿日:2019-09-08
  •  カテゴリ:定年後

雇用延長で65歳まで働く時代となったのですが、またもや分からないことだらけ。


私の場合は、定年延長ではなく雇用延長。

会社を60歳で定年退職し、65歳までは再雇用となります。

これでふと思ったのは、失業保険(正式には雇用保険)の事。

失業保険(雇用保険)の事を調べてみると、65歳からでももらえる失業保険があるのですね。

高年齢求職者給付金という一時金だそうです。

失業保険(雇用保険)の事を調べてみると、65歳からでももらえる失業保険があるのですね。

この一時金は、最高で50日分。

雇用延長で、失業保険の仕組みが改定されたのか、これは嬉しい事だと思ったら?

65歳未満で会社を辞めた場合は、失業保険(基本手当)がもらえるとの事。

さらに、この失業保険(基本手当)は、150日(加入期間20年以上)もらえるとの事なのです。

賃金日額は、退職前の6ヶ月間の給与総支給額(賞与は除く)÷180日

100日分の差は大きいですよね。

65歳になる直前に退職するのがお得だという事です。

ただしこれには条件があり、自己都合となるので、原則3ヵ月の給付制限となります。

もらえるお金が減るのではなく、3ヵ月後からの支給になります。

さらに、再就職の意思がある事も必要でハローワークに通う必要があるとの事。

65歳になる直前の辞めるので、失業保険と年金を同時にもらえるようになるのです。

失業保険(基本手当)がもらえている期間内に、ハローワークに通い、高齢者でも楽しく働けそうな場所が見つかったら、そこで働けばいいのですから。

このような事は、誰も教えてくれないのですが、今はネットの時代。

上記内容は、失業保険の事を理解していない50代オヤジは調べて見て思った事なので間違えがあるかもしれません。

ですが、失業保険の詳細を知らずに言われるがままだと損をする可能生がある事は確かです。

私の場合は、定年までまだ数年あるのですが、定年が近付いている方は、再雇用も含め詳細を調べることをお勧めします。

これは教えてくれることではなく、しかも自己申請なので。







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ




 カテゴリ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます