年金のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:年金

年金のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2019-02-03定年後
定年延長で、65歳まで働けるようになったのですが、現実は厳しい将来です。この様なおかしな制度でも法的には問題ない事なので、困りますよね。定年延長で、65歳まで働けるようになったのですが、58歳になるとさらに年収がダウンしてしまいます。定年前の年収10万円ダウンは厳しいです。このプラス5万円の円年収ダウンは、定年再雇用時の報酬の補填との事。60歳からの定年再雇用は、年収が半減どころか5分1程度になり、その徳の報...

記事を読む

2018-12-17生活
電車通勤は、この様なことが起きるので怖いですね。今回の事件は、とんでもない老人と遭遇し、注意してしまったのが原因です。事の発端は、満員電車から降りるとき。込んでいるのですから、順番に降りるのが常識なのですが、我先にと押しながら降りてくる方がいて問題が起きました。後ろから押してきて、それに対し避けなかった私に文句を言ってきたのです。肘が当たったとか?強引に後ろから押してきて、肘が当たったとかと言われ...

記事を読む

2018-10-20定年後
政府は70歳までの雇用延長を検討、2020年に高年齢者雇用安定法改正案の国会提出を目指しているとの事です。厚生労働省の指導で、希望者全員を対象に65歳までの安定した雇用は確保されていますが、「65歳までの定年の引上げ」「65歳までの継続雇用制度の導入」「定年の廃止」のいずれかの措置隣っているので、定年→再雇用となるケースが多くなっています。定年の廃止や、65歳までの定年の引上げなら継続雇用で、収入が多くき減るこ...

記事を読む

2018-10-05定年後
これは、私も知らなかった制度で、厚生労働省の雇用保険制度です。雇用保険制度のページに、高年齢雇用継続給付金のことが書かれていました。雇用保険には、60歳以降の再雇用で収入が減ってしまた収入をカバーしてくれる、高年齢雇用継続基本給付があったのです。高年齢雇用継続給付は、2種類の給付金があります。基本手当を受給していない方を対象とする【高年齢雇用継続基本給付金】基本手当を受給し再就職した方を対象とする【...

記事を読む

2018-05-18定年後
年金が20万年もらえたとしても、最低3,000万年の老後資金がないと、人並みの生活は出来ないと言われています。これを調べて見ると、月額約35万円が必要と言われている根拠は、公益財団法人生命保険文化センターがおこなったアンケート調査の結果が元の様でした。この資金になるのは退職金。大企業で2,374万円、中小企業で1,139万円と言うのが経団連と東京都産業労働局がまとめた退職金の平均金額。私は勤めている会社の場合は、子...

記事を読む

年収5万円ダウンは序の口、さらに年収5万円ダウンで10万円ダウンに!

  •  投稿日:2019-02-03
  •  カテゴリ:定年後

定年延長で、65歳まで働けるようになったのですが、現実は厳しい将来です。


この様なおかしな制度でも法的には問題ない事なので、困りますよね。

定年延長で、65歳まで働けるようになったのですが、58歳になるとさらに年収がダウンしてしまいます。

定年前の年収10万円ダウンは厳しいです。

このプラス5万円の円年収ダウンは、定年再雇用時の報酬の補填との事。

60歳からの定年再雇用は、年収が半減どころか5分1程度になり、その徳の報酬が現役の年収方積み立てられるなんておかしくないですか?

公務員や、一部企業ではこれは改善されています。

ですが、法的には問題ない事なので、私が勤めている会社では、この制度が導入さてています。

私が定年するまでにはあと数年あるので、それまでに期の制度が廃止されることを期待しています。

現実問題としては、会社の業績が良くなり、ボーナスが増えたと言うか、過去の水準に戻りつつあるので、過去の水準まで戻ってくれば生活には影響ないのですが。


節約の基本は、日々の小銭を貯める事。

同様な記事を書いたのは昨年10月。

小銭をためている豚の貯金箱を調べて見ると、現在は約25,000円。

小銭をためている豚の貯金箱を調べて見ると、現在は約25,000円。

小銭をためている豚の貯金箱を調べて見ると、現在は約25,000円。2


昨年10月から、約5,000円増えていました

この節約は、小銭用の財布にたまった小銭を、豚の貯金箱に貯めているというか、移していたお金。

これが約25,000円に。

意識しないで貯めているから貯まるのでしょうね。

とは言っても、小銭入れが膨らんだ時に貯めていただけ。

これを意識して貯めれば、年間1万円程度なら楽勝かと思います。

この様な小さなことも節約生活には影響します。

今後はますます厳しくなるので、この様な小さなことを積み上げて、本気で節約取り組まなければと思っています。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


被害者より怖い加害者の恐怖、危うく会社を首に!

  •  投稿日:2018-12-17
  •  カテゴリ:生活

電車通勤は、この様なことが起きるので怖いですね。


今回の事件は、とんでもない老人と遭遇し、注意してしまったのが原因です。

事の発端は、満員電車から降りるとき。

込んでいるのですから、順番に降りるのが常識なのですが、我先にと押しながら降りてくる方がいて問題が起きました。

被害者より怖い加害者の恐怖、警察に仲裁を!

後ろから押してきて、それに対し避けなかった私に文句を言ってきたのです。

肘が当たったとか?

強引に後ろから押してきて、肘が当たったとかと言われても?

さらに、その老人は満員電車なのにリックを背負い迷惑な感じ。

それに対し「満員電車なのにリックを背負っているのはマナーイマンだし、押してきたあんたに問題があるのでは?」と注意をしたら逆切れ!

俺だけじゃなく皆リュックを背負っているし、何位が悪いんだと、私の腕をつかんできたのです。

切れそうになりましたが、あんたいい加減にしなさい。

人の腕をつかむことは犯罪になりますよと注意したら、さらに逆切れ!

喧嘩腰になり騒いできたのですが、殴ってきたりまされませんでした。

暴力を振るわれたのなら、加害者なので問題ありません。

ですがこの爺さんが離れないので、警察を呼ぶことに。

ここで私が手を出したら、相手は老人なので私が被害者になってしまいます。

暴力事件を起こしたら、会社を首になってしまい、この歳での再就職はありえないので我慢しました。

こちらが手を出したりしないので、相手は老人はますます勢い図いて、俺とやるのかなど言い出すし始末。

警察官に事情を説明すると、正しい判断だと言われ同乗されました。

この様なことが多くなっているそうです。

私がこの様なことを警戒しているのは、父との事があるからです。

認知症で入院する前に、包丁を持って暴れたことがあります。

包丁を持って暴れても老人なので、それを取り押さえることは簡単でしたが、胸を蹴ったなどの記憶なないのに、翌日父会社に行くとあばら骨が折れていたとかで、警察に訴えてやるとか言われた経験があります。

その数か月後に、脳梗塞になり、そのまま認知症になってしまいましたが。

この事がありので、老人に絡まれた場合は要注意。

悪くないのに加害者ではなく、被害者になってしまう可能性があります。

この様な世になかになったので、この様な老人は怖いですよね。

また、私の様なサラリーマン相手に喧嘩を売っても問題なく、このまま勘違いをして悪い相手に喧嘩を吹っ掛けたらとんでもない事になってしまいます。

警察官は、これが分かっているようで、この老人に話をしている間に、先に帰って下さいとなりました。

マナーを守らないこの様な方に対して、注意することもこの様に時間の無駄になってしまいます。

なので、注意することも出来ない世の中。

家の事を考えると、私の母も同じ状態。

弱いはずのお年寄りがこの状態で、これを注意できないのですからこれは困った問題だと思います。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


高齢化に向けて法改正?これは嬉しい事かと思ったら最悪の事態!

  •  投稿日:2018-10-20
  •  カテゴリ:定年後

政府は70歳までの雇用延長を検討、2020年に高年齢者雇用安定法改正案の国会提出を目指しているとの事です。


厚生労働省の指導で、希望者全員を対象に65歳までの安定した雇用は確保されていますが、「65歳までの定年の引上げ」「65歳までの継続雇用制度の導入」「定年の廃止」のいずれかの措置隣っているので、定年→再雇用となるケースが多くなっています。

定年の廃止や、65歳までの定年の引上げなら継続雇用で、収入が多くき減ることはなく安心なのですが、定年→再雇用だと、再雇用後の収入は大幅にダウンしてしまいます。

再雇用なので、正社員から嘱託社員又は短時間パート社員になってしまうイメージです。

このルールが改定されるかもとのニュース。

これは、日本経済新聞が報じたニュースです。

70歳雇用へ企業に数値目標 政府、計画義務付け検討

政府は継続雇用年齢を65歳以上に引き上げる法改正に向けて、企業に対して70歳までの雇用を促すための計画の策定を義務付けることを検討していることが19日、分かった。計画に盛る具体的な数値目標の項目などは今後詰めるが、65歳以上の高齢者を一定以上雇用することなどを求める見通しだ。安倍晋三首相を議長とする「未来投資会議」で近く議論する。


一瞬期待したのですが、再雇用が現状は65歳までなのを70歳までの雇用にするという事のようです。


政府は70歳までの雇用延長を検討 

これは年金が支給される年齢(65歳)の引き上げと関係しているのでしょうね。

これではあまり意味がないですね。

定年→再雇用ではなく、60歳定年を65歳に引上げてくれれば嬉しいのですがそうはならないですね。

定年再雇用で最低限の収入での雇用延長、そして年金支給年齢の引き上げ。

この様な最悪の事態になりそうです。

これを審議している国会議員には、月20万円の生活など分からないでしょうから。


にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ


定年再雇用で賃金が減ると、雇用保険から給付金がもらえる?

  •  投稿日:2018-10-05
  •  カテゴリ:定年後

これは、私も知らなかった制度で、厚生労働省の雇用保険制度です。


雇用保険制度のページに、高年齢雇用継続給付金のことが書かれていました。

雇用保険には、60歳以降の再雇用で収入が減ってしまた収入をカバーしてくれる、高年齢雇用継続基本給付があったのです。

高年齢雇用継続給付は、2種類の給付金があります。

基本手当を受給していない方を対象とする【高年齢雇用継続基本給付金】

基本手当を受給し再就職した方を対象とする【高年齢再就職給付金】

私の場合、定年再雇用となる予定で、再雇用後の収入は大幅にダウンしてしまいます。

再雇用の場合は【高年齢雇用継続基本給付金】の対象となるようで、定年再雇用で収入が下がってしまった場合、60歳から65歳になる月まで給付金がもらえます。

給付額の例は、月収30万円(賃金日額が1万円)だった人が、再雇用後、月収18万円になった場合、月額2万7000円が支給されるとのこと。

定年再雇用で賃金が減ると、雇用保険から給付金がもらえる?

再雇用ではなく、そのまま定年退職して、雇用保険の失業給付を受け、その支給期間を100日以上残して再就職した場合は、【高年齢再就職給付金】が受けられるそうです。

これは知らなかったので、さらに詳しく調べてみたいと思います。

また、この事を知っている方がいましたら、教えていただきたく思います。

65歳まで給付金が支給されたら、老後の生活が楽になるので。

Q&A~高年齢雇用継続給付~

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ


老後の生活に必要な金額が月35万円と言うのは嘘?

  •  投稿日:2018-05-18
  •  カテゴリ:定年後

年金が20万年もらえたとしても、最低3,000万年の老後資金がないと、人並みの生活は出来ないと言われています。


これを調べて見ると、月額約35万円が必要と言われている根拠は、公益財団法人生命保険文化センターがおこなったアンケート調査の結果が元の様でした。

この資金になるのは退職金。

大企業で2,374万円、中小企業で1,139万円と言うのが経団連と東京都産業労働局がまとめた退職金の平均金額。

後の1必要な生活に必要は金額が月35万円と言うのは嘘?

私は勤めている会社の場合は、子の平均額より多いいのですが、私の場合は中途入社なので、平均額に満たないかと思います。

その退職金をどのように使いかのアンケートを見ると、退職金の使用目的として最も多かったのが「定年後の生活費」(52.2%)。

次いで「ローン・負債の返済」(20.8%)、「住宅や車」(8.8%)、「万一の備え」(7.4%)、「趣味」(5.6%)、「その他」(3.1%)、「家族・子どもへの贈与」(2.0%)です。

私の父親は、セルシオを購入し、残りのお金はすべてパチンコと、最低の親でした。

私の場合は、約3分の2が住宅ローンの返済で消えてしまいます。

老後の生活に最低月35万円は必要との事でさらに調べると、年金受給年齢の65歳までにまだ時間があるので資産運用や節約をして貯蓄をするようにとの事。

また、住宅ローンもなく、子供が独立していれば、25万年程度の収入でも夫婦二人なら問題ないと出ていました。

我が家の場合は、家の塗り替えは行っているので(あと20年は問題なし)、残すは屋上などの防水シートの張替えで250万円程度の出費。

勧めが無事に大学に合格に、就職して家にお金を入れてくれるようになれば問題はすべて解消なのですが?

女の子なので難しいと思います。

老後は夫婦二人の生活になるので、パートではなく何か資格を取ってと妻に言って激怒されたことがあります。

今回私は会社で資格を取るようにとなり、無事に合格。

これも、さらに頑張り上級の資格が取れれば、定年後の仕事として生かせるのですが、それは不可能な話。

初級ですが、私だって資格を取れたのだからと話と、さらに激怒されてしまいました。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます