まさかこんな事になってしまうなんて、思ってもいなかったです。


夜寝ている時に、急に足が痛くなり、眠れ泊なってしまいました。

左足の親指の付け根あたりが差すように痛いのです。

歩けないほどの激痛は辛いです。

激痛はすぐ収まりましたが、昨日は会社だったので、ゆっくり歩きながら会社に行きました。

高齢者の辛さが分かった感じです。

帰宅後に、これをネットで調べると様々な病気がでてきました。

慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIDP)

フライバーグ病

足の神経の損傷(趾間神経痛、モートン神経腫、モートン神経痛)

中足趾節関節痛

足底腱膜炎

どれも聞いたことのない病気で、思い当たる事は加齢くらいしかありません。

さらに調べると、「痛風」が!

痛風は高尿酸血症によって血液に含まれる尿酸という成分が結晶化し、それが足指の関節などにたまって激しい痛みを起こしている状態です。

この高尿酸血症を調べると、尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が「高尿酸血症」とのこと。

前回の血液検査の数値を見て見ると、尿酸値は8.5mg/dLなので、これが原因かと思われます。

2月の検査は6.9mg/dL、4月の検査は6.2mg/dL、7月の検査は7.8mg/dL、9月の検査は8.5mg/dL。

これなので、すでに尿酸の生成を抑える薬を処方されています。

この尿酸値が9.0mg/dlを超えたらアウトかと思っていたのですが、その前の症状が出てしまいました。

ビールは特にプリン体が多く、尿酸値が高くなるので、プリン体ゼロのビールなどが売られています。

暑くなり、ビールの量が増えたのが原因なのは間違いないのですが、プリン体ゼロのビールなら飲んでもいいという事ではありません。

アルコールが体内で分解されると尿酸を生成するので、ビールに限らず、お酒を控える必要があるとのことです。

食生活も、肉や魚介類を取りすぎないようにし、バランスの良い食事をとることが必要とのことでした。

これはノンアルコール商品で、気分だけでもと買って来ました。

これはノンアルコール商品で、気分だけでもと買って来ました。

この様な発表を見つけました。

マサチューセッツ総合病院リウマチ科の調査によると、ビールは痛風発作のリスクを高めるのが、ワインは飲んでも痛風発作のリスクを高めないとの事。

ワインなら飲んでいいのかと思えてしまいますが、これはビールと比べればの話かと思います。

コーヒーは、効果があるとの事。

これは、米国のコホート研究の報告で、コーヒーの摂取量が多い人ほど痛風発症リスクは低いという結果が出ています。

1日に6杯以上飲む人の痛風発症の危険度は、全くコーヒーを飲まない人に比べ半分以下になるとの事。

それなので、昨日からは1日にコーヒーを6杯以上飲み、お酒は控えています。

この状況で、このままお酒が飲めないとことではありません。

痛みが出た日は、お酒をにまずに早めに寝ました。

翌日には痛みは無くなりましたが、ふくらはぎの辺りが張っている感じがあり、歩くと多少違和感があります。

過去の自分のデータからすると、週に2回休肝日(お酒を飲まない日)を作っていた時は、尿酸値に問題はありませんでした。

これを調べると、やはり週に2回は休肝日を作るようにと書かれていました。

今回は2日間連続の休肝日で、痛みは完治。

明日はたぶん飲んでしまいますが、ビールはやめて、ワインを飲もうと思っています。

ネット通販やクレジットカードの申し込みならハピタス経由がお得!
エポスカード(年会費無料)の申し込みなら、ハピタス6,000ptで合計8,000円相当のポイント!
楽天カード(年会費無料)の申し込みなら、ハピタス10,000ptで合計17,000円相当のポイント!
ハピタス経由なら楽天などのネット通販でもポイント2重どりで超お得です。

大手GMOが運営するポイントサイトポイントタウンも人気。
ポイントタウンは、ポイント還元率ナンバーワンで、メールクリックなどだけでも換金可能です。
節約でシンプルな生活! ライフスタイルブログ・テーマ
節約でシンプルな生活!

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ
大学生以上の子どもを持つ主婦のつぶやき。
40代からが勝負!〜あきらめないで〜
50代からのミニマルライフ。
しまむら・ハニーズで見つけた可愛いもの☆
100均☆100円ショップでお片付け♪☆収納

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 
 カテゴリ
 タグ