借金のタグ記事一覧

月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。



タグ:借金

借金のタグが付いた記事一覧。月3万円の節約は出来ないと思っていたのに実は簡単!収入を増やすのは大変ですが節約なら楽しみながらお金が浮くのです。そんな私の節約術を紹介しているブログです。

2018-12-05節約
今まで借金をしたことがないかと思っていたのですが、住宅ローンや車のローンも借金です。そう考えると、今だ2,000万円越えの借金があります。この状態なのに、最低でも600万円の借金が必要になってしまいました。600万円の借金は、最低限なので、この金額を借りて足らなくなった場合の増額は出来ません。それなので、800万円の借金を申し込む予定です。多めに借りておけば、その金額より少ない出費で済めば、それを一括返済して毎...

記事を読む

2016-04-09学費
県からお金を貸してくれるとの案内が来ました。高等学校奨学金の案内です。これは、文部科学省が行っている制度です。制度の概要は、授業料以外の教育費負担を軽減するため、高校生等がいる低所得世帯を対象に支援を行う制度です。授業料以外の教育費とは、教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、校外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費等です。 世帯年収830万円が目安。このプリントを見て、一瞬補助金と勘違い。入学一...

記事を読む

2016-03-02未分類
今年で16回目、あと何年続けられるのか?月日の流れは早いですね。今年で早16回目です。何が16回目かは、雛人形の飾り付け。1回目、雛人形を購入した時、娘は0歳。それがもう中3で、この春には高校生になるのです。娘の学費で悩んでいますが、娘の成長は嬉しいことなので、なんとか乗り切るしかないですね。普通の家庭では、高校までしか通わせることがでにないのが日本の現状。子供が二人だと、どう頑張っても大学などに行かせる...

記事を読む

2016-02-07学費
普通に子供を育て、大学まで行かせたら約1,000万円の出費。今の日本は学費が高く、大学まで通わせたら一人1,000万円位の費用がかかるのです。これが二人なら2,000万円。普通のサラリーマン家庭ならこの支払は不可能で、これを救済する為に奨学金があります。この奨学金は、大学などの学費を日本学生支援機構が貸してくれ、その学生が社会人になってから毎月返済するシステムで、これが今おかしな事になっているのです。過去記事 →...

記事を読む

no-image

2015-10-29学費
奨学金は単なる借金なの?日本学生支援機構から奨学金を借りた学生が、返還手続き書類の写真をTwitterに投稿、これが今ネットで話題になっています。卒業即借金827万5301円 pic.twitter.com/9LDofqIb0R— お一人様(22) (@t090marco) 2015, 10月 21借りたのは614万円とのことですが、利子がついて返済額は827万円にまで膨れ上がているのです。これは通常なら自己破産レベルの借金ですよね。この金額は、国立大学に普通に4年間通う金...

記事を読む

借金をしなくては生活が成り立たない状態、これは深刻な問題です!

  •  投稿日:2018-12-05
  •  カテゴリ:節約

今まで借金をしたことがないかと思っていたのですが、住宅ローンや車のローンも借金です。


そう考えると、今だ2,000万円越えの借金があります。

この状態なのに、最低でも600万円の借金が必要になってしまいました。

600万円の借金は、最低限なので、この金額を借りて足らなくなった場合の増額は出来ません。

それなので、800万円の借金を申し込む予定です。

借金800万円

多めに借りておけば、その金額より少ない出費で済めば、それを一括返済して毎月の支払額を減らせるからです。

借金の原因をブログに書くのは控えます。

これを書くと、また何を考えているのかとのコメントが着てしまうので。

この借金は、返済の事も考え、十分悩んだ事。

実際に、これより多くの借金をしている方に話を聞いています。

私に回りには、この様な借金をしているか多かったのが意外ですが、十分な取材をしています。

その結論が、800万円の借金。

この金額を超えるのはNG。

十分検証した結果です。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




 カテゴリ
 タグ


臨時の出費!県がお金を貸してくれるなんて知りませんでした。

  •  投稿日:2016-04-09
  •  カテゴリ:学費

県からお金を貸してくれるとの案内が来ました。


高等学校奨学金の案内です。

これは、文部科学省が行っている制度です。

高校奨学金

制度の概要は、授業料以外の教育費負担を軽減するため、高校生等がいる低所得世帯を対象に支援を行う制度です。

授業料以外の教育費とは、教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、校外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費等です。

世帯年収830万円が目安。

このプリントを見て、一瞬補助金と勘違い。

入学一時金で10万円。

月学2万円。

この金額が補助されるのかと思ったら、貸してくれるのです。

要は借金、ローンです。


うちは二人の娘の同時私立高校入学で、100万円以上の出費。

入学金で60万円、制服や体操着、教科書二人分で40万円以上。

これは予想外の出費で、通学定期代も二人なので6万円超え。

ギリギリなんとかなるかと思っていましたが、この出費だと夏のボーナスまでお金を借りないとやっていけない感じ。

そんなことを思っていたら、この奨学金の案内。

補助なら嬉しかったのですが。

ちなみに、うちは東京のお隣県からの通学。

これが都内在住なら月1万円の補助金がもらえるのです。

娘二人なら2万円。

これが3年間なら72万円です。

うちは持ち家なので引っ越しできませんが、賃貸なら月2万は大きいですよね。

東京都はそれだけ税金報酬が多いということですね。


にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

人気ブログランキング










●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




 カテゴリ
 タグ


この先どうなるのか?新聞の記事を見て怖くなりました!

  •  投稿日:2016-03-02
  •  カテゴリ:未分類

今年で16回目、あと何年続けられるのか?


月日の流れは早いですね。今年で早16回目です。

何が16回目かは、雛人形の飾り付け。

16回目の雛人形の飾り付け2

1回目、雛人形を購入した時、娘は0歳。

それがもう中3で、この春には高校生になるのです。

娘の学費で悩んでいますが、娘の成長は嬉しいことなので、なんとか乗り切るしかないですね。

普通の家庭では、高校までしか通わせることがでにないのが日本の現状。

子供が二人だと、どう頑張っても大学などに行かせることは無理。

その救済策で、奨学金があるのですが金利のつかない第一種は高校の成績の平均値が3.5以上と条件付き。

なので、第二種(利息が付くタイプ)で借りるのが普通で、返済に困っている方が大く問題になっています。

娘たちも、高校卒業後に進学を希望するなら奨学金の利用が必要となります。

高校で頑張り、平均値3.5以上になってくれれば嬉しいのですが難しいですね。

苦手な教科があると、平均値が一気に下がるので。

これを書いた直後に新聞を見てビックリ!


書いているのは1日の夜なので、朝の新聞にこんな記事が出ていました。

気がついたのはこれを書き終え、テレビを見に行った時で、また書き足しました。

奨学金が問題に!

奨学金を借りた人の4割が苦しいと答え、3割がこの借金で結婚にも影響があると書かれているのです。

奨学金は、単なる借金。

このような記事を見ると、娘に借金をさせるのも怖い感じ。

どうすることも出来ないですね。

節約情報は、以下のサイトが参考になります。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村









●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




 カテゴリ
 タグ


自己破産レベルの借金で社会人スタートする若者が多数の日本!改善策があるのに娘は聞いてくれません。

  •  投稿日:2016-02-07
  •  カテゴリ:学費

普通に子供を育て、大学まで行かせたら約1,000万円の出費。


今の日本は学費が高く、大学まで通わせたら一人1,000万円位の費用がかかるのです。

これが二人なら2,000万円。

普通のサラリーマン家庭ならこの支払は不可能で、これを救済する為に奨学金があります。

この奨学金は、大学などの学費を日本学生支援機構が貸してくれ、その学生が社会人になってから毎月返済するシステムで、これが今おかしな事になっているのです。

過去記事 → 奨学金を借りた学生がネットで話題に!自己破産レベルの借金なのです!

大学4年間で614万円を借りた場合、利子がついて返済額は827万円にまで膨れ上がるです。

自己破産レベルの借金で社会人スタート!

奨学金と言っても利子がつくので単なる借金と同じ。

金利は上限3%となっていました。

この奨学金なのですが、金利が付かない物もあるのです。

金利だけで200万円超えなので金利は大きいですよね。

それをネットで調べたら、様々な条件があるようですが、最低限の条兼は高校の成績が5段階平均で3.5以上とのこと。

申し込みは高校経由です。

うちの娘の学校は10段階評価なので7以上ということですね。


成績上位10%なら早慶に推薦で行けます。

私立高校なので10段階評価、平均5以上ならMARCH合格が確実と言われている学校ので7以上は不可能な数字。

これ見て思ったのは頑張ってレベルの高い学校に行くよりも、レベルの低い学校で上位にいたほうが有利なのではと思うこと。

中学受験で頑張って、チャレンジ校に合格した娘なのですが、チャレンジ校なので授業のレベルが高く苦労しています。

また、中高一貫と言っても一定レベル以下なら高校には進学できません。

娘はなんとか頑張りギリギリだったと思うのですが、無事高校進学OKの通知をもらってきました。

成績トップは御三家残組で東大を目指している感じの学校です。

チャレンジ組とはレベルが違いすぎです。

それなのに、頑張っているのに、奨学金は確実に利子がつくものしか借りられない状態なのです。

うちは双子なので、公立高校を目指し受験中の長女が合格したら大学か専門学校の費用は負担するつもりで貯金しています。

長女は、私立の女子校には無事合格。

お金があればこれで受験終了ですが、情けないのですが、このまま私立女子校に行った場合、学校を卒業してもその後のお金は出せないと話しました。

長女はやりたいことがあるらしく、大学ではなく専門学校を希望しています。

専門学校に行くならと、今は公立受験を頑張っているところです。

次女は私立と高校で大学受験。

名のある大学に受かってくれれば奨学金で借金生活になっても大手企業の就職してくれれば返済は問題なし。

長女は専門学校から専門を希望。


専門学校卒では安定した収入を得るのは厳しいですね。

なので多額の借金返済は無理なのです。

娘に勉強を頑張ればと行っても聞く耳なし。

この奨学金、返済できない方が増えているらしく問題になってます。

奨学金と行っても学生なら借りられるとか借り入れの条兼を緩和しているだけ。

この制度を変えてくれないと日本の将来は危ないですね。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

頑張らない節約

節約貯金deゆとりのマネーライフ

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓







●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




 カテゴリ


奨学金を借りた学生がネットで話題に!自己破産レベルの借金なのです!

  •  投稿日:2015-10-29
  •  カテゴリ:学費

奨学金は単なる借金なの?


日本学生支援機構から奨学金を借りた学生が、返還手続き書類の写真をTwitterに投稿、これが今ネットで話題になっています。



借りたのは614万円とのことですが、利子がついて返済額は827万円にまで膨れ上がているのです。

これは通常なら自己破産レベルの借金ですよね。

この金額は、国立大学に普通に4年間通う金額との事。

これが私立ならもっとお金がかるのです。


家も貧乏なので、娘が大学に行くとなったら、奨学金を借りてもらはなくてはと思っていたらとんでもない様です。

日本学生支援機構には、利息のつかない「第一種奨学金」という制度もあるようですが、これが使えるのは、頭がいいのに大学に行けない様なごく一部の人。

娘の様に、勉強出来ないのに、ギリギリ合格みたいな場合は、利息ありの「第二種奨学金」しか借りられないのです。

娘は勉強しないので、大学より就職をと思ってしまいます。

その前に、高校があるので、まだまだ先は長いです。

日本学生支援機構という名の貸金業者から奨学金を借りた学生の末路が恐ろしくて震える

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

にほんブログ村










●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




 カテゴリ
 タグ


Copyright © 節約生活始めました - ホントはお金ないんです。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます