これは、朝日新聞に出ていた記事です。


60歳を過ぎると、雇用も再雇用となり収入が激減するのは今や常識。

この例では、再雇用の給与は年間260万円。

個人年金に加入していて、70歳までの10年間、毎年80万円をもらえる計算です。

定年後の生活、公的年金だけでは厳しく、企業年金や個人年金が最低限の条件のようです。

私も、個人年金に加入していますが、70歳までの10年間、年40万円とこの例の半分です。

20代後半に入った年金保険。

月7,000円程度の金額が、給料から自動で引き落とされています。

加入したのが30年以上前なので、今では考えられない利率なのでお得だったのですね。

年40万円は、老後に毎年1回海外旅行に行けるようにと思った金額。

この様な状況になるとは思ってもいなかったので。

今となっては、定年後の年40万円は大きいです。

20代後半のころは、年収は今の倍くらいになり、老後の生活は苦労しないと思っていたので。

また、この記事を見ると、企業年金も大きいです。

残念ながら、私が勤めている会社に企業年金はありません。

勤めている会社が、年金基金などに入っていれば、65歳から企業年金がもらえるとの事で、新聞の例では年60万円です。

老後のための貯蓄と思っても、車買い替えなどお金が必要になれば使ってしまいます。

それなので、貯蓄は厳しいですが、年金保険などの個人年金に加入していれば、多少でもお金が貯まります。

私の場合、これが月14,000だったら、10年間毎年80万円をもらえたので残念、今から思うと月20,000円位にしておけば良かったと思います。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ