節約生活を始めるなら、真っ先に行わなくてはならない事、これをやっと行いました。


それは、保険の見直しです。

保険は高額で、保険会社の方に勧められるままだと大損します。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-6951307074397367"
data-ad-slot="2651100766">


私の場合も、保険会社の方に勧められるまま保険に加入し、保険の見直しを行っていました。

すでに何度もに直しを行っているので、私は対象外ですが、それでも今加入しいる保険の予定利率は1.65%です。

これがもっと古い保険のまま見直しなどを行っていなかったら、予定利率が6%など今となっては考えられない利率。

これが保険会社の逆ザヤ現象で、これをなくすために嘘をついて保険の見直しを進めていたようです。

そのようなニュースを見て、過去にがん保険を解約した時の事を思いだしました。

その時は、勧められるまま複数の保険に加入していて、これはもったいないとがん保険を解約。

予定利率が7%位の時で、解約したら30万円位の金額が戻ってきました。

その時は意味が分からずラッキーだと思っただけ。

掛け捨てではない保険に入っていたからですね。
保険の見直

今回のも掛け捨てではない保険に入っていたので、保険の見直しで返金があるのかを聞いたら、今は利率が低いのでほぼないとの事?

予定利率は1.65%なので、その金額は後日調べ連絡しますとの事でした。

今回の見直しは、この状況なので毎月の支払額を減らすことが目的。

現在加入していた保険は、死亡時の金額が高額でこれの見直し。

この歳で娘も高校生。

私が死んだら住宅ローンは無くなり、会社からは退職金や一時金、遺族年金も支給されるので、死亡時の金額は葬式代だけで十分かと思いました。

私が死んだ場合の保険金などを調べると、私が死ねば受験問題も解消。

これが交通事故なら自動車保険の人身場外保険(1億円)もあるので、残された家族は悲しむこともなくリッチな暮らしができる感じです。

それなので、生命保険の死亡保障をなくし、医療保障だけにしようと思いました。

これなら大幅な節約ができるはずだったのですが?

結果は、死亡保障は大幅に減額、葬式代の100万円だけにしたのですが、医療保障に先進医療対応を付加することを進められました。

妻の保険も妻が40代になっているので、入院時の保証を1日5,000円ではなく、1日10,000円にすることを進められ、節約は10,000万円程度に。

月20,000円は節約できると思ったのですが、結果は約10,000万円。

わずか10,000万円の節約となってしまいましたが、この保険は終身です。

保険の見直しは年齢と関係するので、早い方がお得。

私の母の保険は、月12,000円で入院時の保証は1日5,000円。

先進医療などの特約はありません。

私の場合は、死亡保障をなくせば10,000円。

妻は、死亡保障をなくせば7,000万円。

死亡保障は、娘が大学に進学した時に解約しようと思っています。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ