警報は車のクラクションが連続して鳴り響いてしまう事で、ご近所にとんでもない迷惑をかけてしまいました。


これは車のバッテリー交換で起きたことです。

過去にも車のバッテリー交換を自分で行っていますがこの様なことはありませんでした。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-6951307074397367"
data-ad-slot="2651100766">



今回は、ルームランプを点けっぱなしたのが原因で、バッテリーが完全に上がってしまった状態での交換。

それなので、防犯装置が反応してしまったのです。

純正品の型番は、55D23Lか46B24Lになっていますが、今回購入したバッテリーは75D23L。

以前も55D23Lではなく60D23Lを利用していました。

この55・60・75は性能ランクで容量とは異なります。

この二桁が大きいほどエンジン始動性能が良いバッテリーとなり大きさを含め、互換性があるので問題ありません。

ネットでの購入なら、逆にこの数値が高いものが安く売られています。

国産車指定の数値の物が売れるからで、互換性がある事を知らない方が多いからだと思います。

車のバッテリー交換

大きさは、ほぼ同じで問題ありません。

車のバッテリー交換2

取り付けても問題ないはずが、ここで警報が鳴りだしパニックに!

すぐに外しましたが。

以前交換した時は、弱っているバッテリーの交換だったので、この様なことは起きませんでした。

今回は、完全に上がってしまった状態なので、警報が鳴りだしてしまいました。

防犯装置は、警報が鳴った場合は、リモコンキーのボタンを押すか、エンジンスタートで解除されるはず。

これを思い出し、バッテリーを繋いで、警報が鳴る状態でエンジンスタート!

これで無事に警報は止まりました。

車が動かない状態なので、ディーラーに頼んでバッテリーを持って来てもらっての交換だと3万円越えの出費になったかと思います。

これが6,700円で済んだので、ホッとしていますが、バッテリーは2015年12月に購入したものなので、まだ1年以上は使えたはず。

これで問題解決かと思ったのですが、さらなる問題が!

カーナビがこの状態。

車のバッテリー交換3

カーナビも防犯対策で、電源が落ちてちてしまうと(盗難などの対策)、パスワードの承認は必要となるのです。

パスワード???

これは、車を購入した時に言われたことで、このパスワードを忘れてしまうとカーナビが使えなくなってしまいます。

メモを取っていなく、悩んだ末に以前飼っていたワンコの名前を入力。

これが正解で、全ての問題が解決。

絶約生活にはマイナスな出来事でした。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ