節約生活なのに我が家は、ANA国際線ファーストクラスの機内食に採用されていま事で有名なお米を購入しています。


ネットでの30kgまとめ買いなので、最上級のお米でもスーパーの格安米程度の価格。

ANA国際線ファーストクラスの機内食に採用されていま事で有名なお米を購入しています。

昨年は、28年産 富良野産ゆめぴりか30kg(5kg×6袋)10,820円(税込、送料無料)だったのですが今は価格が高騰しています。

この様なブランド米がブームになっており、TV番組でも特集されるほどです。

私が選んでいるお米は、炊き立てだけではなく冷めてもおいしいモチモチしたお米。

娘二人と私は毎日お弁当持参。

この「ゆめぴりか」は冷めてもおいしいお弁当に最適なお米なのです。

何時もリピートして購入していたのは、渡部商店 どっと米。

ところが、渡部商店 どっと米のお米は美味しいと評判になり、28年産の新米は売り切れ状態。

ANA国際線ファーストクラスの機内食に採用されていま事で有名なお米を購入しています。2

今年はどうかと言うと、ゆめぴりか30kg(5kg×6袋)が14,621円(税込、送料無料)と大幅値上げ。

渡部商店 どっと米は、この価格でも売れているようです。

それなので、前回からぎんしゃり屋で購入。

新米 29年産 北海道産 ゆめぴりか 玄米 30kg (5kg×6袋セット)が12,280円(税込、送料無料)。


渡部商店 どっと米の場合は、白米を選んでも30kgだったのですが、ぎんしゃり屋の場合は精米するので、白米を選ぶと30kgが27kgに減ってしまいます。

それなので、価格差は微妙なのですが、少しでも安く美味しいお米を購入したいと、ぎんしゃり屋のリピートです。

スーパーの格安米を税抜き1,580円として計算すると、30kg税込みなら10,238円。

昨年の価格、30kg(5kg×6袋)10,820円(税込、送料無料)ならスーパーの格安米より低価格だったのですが、今は格安米よりは高額。

12,280円がギリギリの価格。

これが価格高騰で14,000円越えになったら、「ゆめぴりか」ではなく「ななつぼし」などワンランク安いお米に変えなくてはならないと思っています。

「ななつぼし」も購入したことがありますが、これも十分美味しいお米なので問題はないと思います。

お弁当で冷めたご飯の場合の少だけ、このプチ贅沢を続けたいですが、娘の学費問題があるので悩むところです。


にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ