これはメガネの話で、視力を落とすためにメガネをかけるなんてあり得ないですよね。


私は、軽い補正で30代からメガネを作っていましたが遠近ではなくファッションです。

老眼が必要になったのは、50歳になってから。

夜寝る前に本を読むときなどだけだったのですが、会社のPCがモバイルになりメガネをかけ始めたら急に視力が衰えた感じで、今はメガネが必要となってしまいました。

娘たちの、小学校の高学年からメガネをかけており、今はコンタクトを併用しています。

私の場合も娘の場合も、メガネを購入するときは、どれが似合うかを妻に聞いています。

家の中だけで使う老眼も、どれが似合うかと聞いています。

妻のボケチンは絶好調、こんなあり得ないことがありました!

これなので、妻もメガネが欲しくなったのでしょうね。

単にファッションとしてメガネをかけたいのなら、度が入っていないメガネを購入すればいい話。

ところがボケチン妻、あり得ないことをやろうとしていたのです。

セールで、メガネが安くなっていたので、購入予定はないのですがメガネを試したりしていたら、妻が私もメガネを作ろうかと思っているとの事。

妻も40代なので、そろそろ目にくる年齢だと思い、今ならセールで安いからと、メガネを作ることに。

どれが似合うかと娘に聞き、散々悩んでフレームは決定。

それで視力検査をしてもらっている時に、驚きの会話。

これは妻だけではなく、メガネショップの店員さんもおかしいと思いました。

視力検査をしてもらうと、妻の場合は残念ながらメガネをかける必要なないとの事。

ここで、度は行っていなくてもブルーライトカットなど目にいいレンズを進められていたら問題なかったと思います。

ところが、そのメガネショップの店員さんは、視力は良いので、どの程度視力を落とすかと、再調整を始めました。

それに従う妻のボケチンブリには唖然です。

その会話を聞いて、視力を落とすためのメガネなんてあり得ないのではと言うと、妻もわかったようで、検討してみますとなり購入しませんでした。

妻も娘(二人)も、家の中では強いのですが、外にでると急に声は小さくなり人が変わってしまいまし。

この夏に放送されていた、過保護のカホコのママさんと同様な感じです。

この性格なので、あり得ないことを言われても聞いてしまうのです。

これは妻の悪影響。

これとは逆で、娘には家では素直でいい子なのに、外では気が強い子になってほしかったです。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ