Windows Vista(ビスタ)はサポートが終了してしまい、何かと不便な状態。


私が以前使っていたDellのPCを娘が使っているのですが、OSはWindows Vistaです。

これを格安にアップグレードしようと、アマゾンで正規品DELL Windows 7 Pro 32bit SP1DVD+プロダクトキー プロダクトシール付きを2,159円で購入しました。

パソコンを買い替える前に、裏技で旧パソコンが蘇ります。2

Wi-Fi機器も、旧商品から2,632円で新商品に買い換え。

ネットの速度は、75Mbpsから150Mbpsへと倍の速さになりました。


OSは、新規でWindows7を購入するとなる1万円以上の高額出費。

私が購入したのは、DELL用のWindows 7 Pro 32bit SP1DVDで、プロダクトキー プロダクトシールが別途ついている商品を2,159円で購入。

10月に買ったのに、娘がPCのバックアップなどをなかなかやらず、12月半ばになりやっとアップグレードを行いました。

今回購入した商品はWindows 7 Proなので、アップグレード (上書きインストール) は出来ず、クリーンインストールとなりました。

娘が意味不明なソフトなどをダウンロードし、動作がおかしかったのでクリーンインストールで問題なかったです。

正規のインストールディスクではないので、インストール後にプロダクトキーの入力画面はでてきませんでした。

そのままでの使用できるのですが、30日以内にプロダクトキーを入力し、承認されないと問題が起きます。

それなので、プロダクトキーを調べると、OEMのプロダクトキーが入力された状態になっていました。

これをアクティベートしようとすると、不正なプロダクトキーとの忠告。

購入時に付いていたプロダクトシールに書かれていたプロダクトキーを打ち込み、無事に正規品として承認されました。

パソコンを買い替える前に、裏技で旧パソコンが蘇ります。

現在は、ウインドウズアップグレードで200個近いアップグレードを実施中。

これだけで1万円程度の節約です。

ネットでは、プロダクトキーだけが売られたりしていますが、Windows7やWindows10などのOSはマイクロソフトのページからダウンロードできます。

問題なのは、プロダクトキーだけなので、DVDなどを購入する必要もなく格安で売られているプロダクトキーだけで問題ありません。

さらに!

Windows10への無料アップグレードは、2016年7月29日に終了に終了してしまいましたが、2017年12月31日までなら、裏技で無料アップグレードが出来るのです。

私は、デスクトップとノートPCを期限内にWindows10へ無料アップグレードを行いました。

散々悩みましたが、今となっては正解です。

この無料アップグレードを逃し、後悔されている方は、2017年12月31日までなら、裏技で無料アップグレードが出来るのです。

それは、障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレードが継続して提供されているからです。

障碍者向けなのですが、その条件はなく個人に任せるとの事。

障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 アップグレード

これを逃したら有料になってしまいます。

これが最後のチャンス、Windows10へのアップグレードは有料になると、ネットで格安中古商品を探しても1万円程度の価格。

正規品だと、Amazonで調べても最安値商品は12,980円です。

無料アップグレードを逃し、後悔されている方はぜひこれを試してみてください。

にほんブログ村テーマ 節約生活と受験!へ

節約生活と受験!

簡単♪上手に節約術

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

↓訪問ありがとうございます。ランキングを応援していただけると嬉しいです。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ