壊れても、決して修理してはいけない、新型商品を買ってはいけない物があるのです。


我が家のプリンターが壊れました。

でもプリンターは、決して修理してはいけないのです。

このプリンターを購入する前に使っていたプリンターが故障した時に修理を頼むと、基本料が1万円でそれ以外に部品代が必要との事でした。

当時はプリンターも3万円くらいしたので、修理するか悩んだのですが、結局は買い換えました。

その後、プリンターの価格も安くなったので、私個人用と家族用の2台がありましたが、今回は旧商品の家族用として使っていたプリンターが故障。

プリンターは、決して修理してはいけない4

故障したのは半年前で、プリンターの価格が下がるのを待っていました。

プリンターは毎年秋に新商品が発表された、旧型となった商品の価格が下がるからです。

買い替え候補は、PIXUS TS8030で、その時は20,000円ほどで売られていた(半年前)のですが、価格が下がり16,497円 (税込)に!

楽天スーパーセールでポイント10%以上還元となるので思い切って購入しました。


このプリンターの純正インクの価格を調べると、6色マルチパック 大容量(BCI-371XL+370XL/6MP )が7,530(税込)。

プリンター本体(PIXUS TS8030)の価格は、インクがセットされた状態で16,497円 (税込)です。

本体価格からインク代を引いたら8,967円です。

プリンターは、旧型商品を購入すれば本体はおまけのような状態。

メーカーは、プリンターではなくインクで儲けるビジネススタイル。

このインクも調べました。


この様に、互換インクも販売されているので安心です。

節約生活では、新しいプリンターが発表されても購入してはいけません。

それは、新型になりインクが新しくなると互換インクがないからです。

PIXUS TS8030は、販売が開始され1年たつので、互換インクも売られているので今が買い時かと思います。

プリンターは、決して修理してはいけない

本体は、旧型のMG7530と比べるととても小さくなっています。

プリンターは、決して修理してはいけない2

ただし、A4の紙をセットすると、この様に本体からはみ出しますが。

プリンターは、決して修理してはいけない3のコピー

そもそも、なんでプリンターが2台必要かは、娘が使うからです。

プリンターと言うよりコピー機ですね。

使い方が乱暴なので、、私が使うものとは分けています。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ