これは、娘とカラオケに行った時の話です。


9日の日曜日、上野で台湾祭りが開催されていたのでそれを見に行きました。

夏休みに行く台湾旅行の下調べです。

この日はあまりに暑く、台湾祭りも大混雑だったので早めに帰り、久々に娘とカラオケへ。

ある歌の歌詞で泣けてしまいました。

娘も成長したのか、一緒の歌える曲をとのことで、星野源さんの恋を。

娘は恋ダンスを覚えていて、私も覚えたくなりました。

その後、娘たちの曲が続き、一緒に歌えるSMAPの「世界に一つだけの花」に。

この歌詞の良さが改めてわかりました。

NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly oneで十分なのです。

我が家は双子なので、家庭内でも競ってしまい、中学受検を1人が断念するとかになっていました。

なにげにカラオケで歌っていたのですが、今回改めて娘と一緒にこの歌詞を確かめた感じです。

私自身が、NO.1ではなくなOnly oneなので、今の地位になっています。

娘の進路も、もう一度じっくり話し合う必要があると思いました。

↓応援していただけると励みになります。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ここまで酷い内容はと、掲示板でも話題です!↓


↓こちらの記事もよく読まれています。↓

関連記事






●訪問ありがとうございます。●
ランキング応援も感謝しています。これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

 カテゴリ
 タグ